人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 内定の時のギモン > 年末に転職内定時の源泉徴収票の提出に関して

内定の時のギモン

年末に転職内定時の源泉徴収票の提出に関して

年末に内定をもらって、来年から新しい会社に行く方っていらっしゃいますよね。 この時期は混乱される方が多いのですが、年末年始の転職した時期に関して対応が異なります。 ちょっとだけ豆知識を。

年末に会社を辞める方、そして来年から新しい会社に行かれる方。

年末の最後に入社される方。

来年の途中から入社される方。

 

この中で一番多いのは一番目ではないですか?

この時に応募者の方が混乱されるのは「源泉徴収票」なるものの存在です。

これは所得を証明する者として新しい雇用主に提出を求められるケースがほとんどだと思います。

この1番最初の12月で会社を辞める方。

源泉徴収票は今年分ができてから、会社にもらえばOKです。提出が例え遅れて1月になっても大丈夫。

会社は事情を分ってくれます。

でも、一番明確にしておきたいのは「年末調整」(税金の調整です)を以前の会社がやってくれたかどうかだと思います。

これは明確にしておいてくださいね〜。してないとと自分で確定申告する羽目になります。 失言

 

次に今年に会社を変わる分は通常時期と特に変更はありません。

今年分だけを提出すればOKです。

しかしながら来年度の早い時期(1月中旬)に入社する場合、今年度と来年度のわずかの分を今現在の会社から源泉徴収票をもらってくださいね。

いずれも必要な書類になりますし、この方のみ2年分提出する必要があるケースがあります。

(前年度はいらなーーーい、って会社もありますので分らない場合は質問してくださいね)

個人事業主やフリーで仕事をされていた方は対応が異なりますので、人事部に是非ご相談を。

社会保険担当の人が沢山面倒をみてくれますよ〜〜。 笑う

 

恐らく初めての転職だからだと思うのですが、こういった事が疎い方ってたまにいらっしゃって、

一気に2年分くらいの源泉徴収票を送ってきてしまう方っていらっしゃるんです。

疎いこと自体は全然大丈夫なのですが、少しでも予備知識があるとご本人の将来のためですし、双方の会社に不要な書類もありますし、返信の手間もありますしね。

又こうしたさりげない心遣いは、人事部に好印象を与えますよ。

きれいな人間関係のスタートは入社後に効果てきめん。

豆知識として頭に入れておくといいですよー。