人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 内定の時のギモン > 入社日を相談したいとき

内定の時のギモン

入社日を相談したいとき

入社日はいつ?と聞かれて、通常より長く答えたい場合どうすればいいのでしょうか?

又いつまで待ってくれるのでしょうか?

今まで重ねてきた面接の結果が実り、内定となった時に必ず聞かれる質問があります。

「いつから入社できますか?」

この質問です。

現職がある場合、通常は1ヶ月後と答えれば問題ありません。

企業もそれ以上早くは、現在無職の方以外は期待していません。

なぜならこの期間は円満退社するのに最低限必要な期間だからです。

では、1ヶ月以上かかる場合はどうすればいいか?

・・・それは事情によります。

一番多いのがプロジェクトに参加していて、それが終了するまでという事ですが、それは企業によって事情を話せば納得してもらえるはずです。

常識的な範囲(通常は3ヶ月以内)であれば、交渉は十分可能です。

それ以上に関しては、企業は警戒感を持つでしょう。半年そのポジションが誰もいないというのは、今すぐ人が欲しい企業にとってはかなりな負担です。

他の人を手配するなどしないといけなくなり、人員計画が崩れる可能性が出てくるからです。

よほど明確な理由を持ち合わせていない限り、おそらくはあまり良い返事は期待できません。

その場合は「いつまで待てるのか。」と逆に質問しても良いと思います。 

企業によっては「どうしても、どうしてもこの人を採りたい!!!!」と感じ、中には希ですが待ってくれるケースもあるからです。

いずれにせよ、今の会社を円満退社するためには最低限必要な期間はケースによって異なると思います。

 

常識的な範囲内でしたら、特にトラブルには発展しませんので、上記の期間を常識的な範囲と認識して交渉してくださいね。 笑う