人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 内定の時のギモン > 給与・待遇等の条件が合わない時

内定の時のギモン

給与・待遇等の条件が合わない時

いざ面接が進んでいくと、条件的に合わない事って出てくる可能性はもちろんあります。

そんな時はどうすればよいのでしょうか?

話を聞いていて、とても魅力的な企業なのだけれど、給与や待遇が自分の希望と合わないと言うことは、転職活動を薦めていく上であり得る話だと思います。

その場合は中途採用の場合は、まず交渉してみることです。

希望年収に関しては、今までの現年収と今後の希望をまずは素直に伝えてみて下さい。

給与に関しては、企業というのは予算があって、このポジションには大体年収想定がいくらくらいの人を採りたいといった具体的計画を持ち合わせいます。

その想定の範囲内でしたら、企業も交渉によっては条件が変更になることがあります。

ただ、交渉する上で大切なことは、こういった交渉は面接でも比較的進んだ段階で行うことです。

最初の段階でこう言ったことを聞かれたら、まずはさらっと答えるだけの方が無難です。

面接が最終段階まで来たり、内定の条件通知書をもらう段階になったら、交渉を開始します。

その際は主張を予め伝えておいた方が、相手に足下を見られないためにも、後で気持ちよく働くためにも大切です。

 

次に待遇ですが、企業によってできるものとできないものがあります。

それは聞いてみるしかありません。

例えば夏休みが何日欲しい、といったのは既に社内規定で決まっているためこれを通常より多くしたりといった変更は困難極まりないことです。

休日も同様です。

祝日を原則出勤する会社で、休んで良いか?と聞いてもあまり良い答えは返ってこないでしょう。

それ以外、交渉可能であれば是非とも交渉するべきです。

ポジションタイトルに関すること、自分の組織上の地位など、彼らが帰られそうなことがあれば自己主張が強すぎない程度に交渉することは問題ありません。

いずれにせよ、大切なのは入社後なのですから、相手とじっくり話し合うことは大切です。

それで入社を辞退するならば、残念ですがそれは致し方ないことなのです。

あなたにとって譲れないポイントはなんですか?

是非そのポイントを企業側にもぶつけてみて下さい。

30代での転職の場合は、条件は企業対個人が中心であり、契約内容は同じ会社でも個人個人で若干でも異なるものです。

その情報というのは入社されて他人に公開されることはまずありません。

知っているのは直属の上長と人事部くらいのものです。

なので、相手がどう思うか?これからいっしょに働く人達がどう思うか?

それを心配するよりも、個人と会社との契約である事を認識することが重要だと思います。