人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 面接の時のギモン > 面接で不合格になったら

面接の時のギモン

面接で不合格になったら

面接をせっかく受けたのに不合格通知が来てしまった。そんな時って悲しくなりますよね。 でも、大丈夫。それは成功への一歩です。

面接をせっかく受けたのに、不合格通知が来てしまった事ってありますよね。

(連絡があるだけまだいいという話もありますが・・・)

しかもその期待が大きければ大きいほどがっかりしますね。

でも面接に不合格になってしまったからといってもがっかりする必要はありません。

次へのステップですから。

まずは、どうして面接で落ちたかを分析して下さい。

多くの原因は以下だと思います。

  • 応募した求人が自分の経験とあっていなかった(経験がありすぎてもなさ過ぎてもダメです)
  • 面接官とあまりうまく話せなかった何か決定的な事をしてしまった(遅刻した事や相手が不審がることいったなど)

多くは上記2点に分けられると思います。

まず最初の自分の経験と会っていなかった場合は、又はその求人に対して自分を新しく採用するという意義が面接官に伝わらなかったのかも知れません。

こういった場合は穴が開くほど求人内容をみて、自分の経験を振り返りもっと上手に説明できるようにするのも一つの方法です。

求人を自分で厳選して受かりそうな案件だけ応募することも必要かもしれません。

こうした経験によるものに関しては運もあります。

自分の経験が少なくても、多くても他の応募者の具合によって受かったりもするからです。

次に面接官との話ですが、面接ははっきり言って「なれ」も必要です。

その為、面接は重ねれば重ねるほど上手になります。

面接の不合格の割合も減ってくるはずです。

だから、最初にばんばん落ちてもどうして不合格だったのか、振り返りましょう。

そうすれば相手が何を求めているか読めてくるはずです。

そうすればどんどん合格に近づいてきます。

 

一度や2度落ちたって、どうして落ちたかを振り返ることが大切です。

それをしていれば、勝利の女神はあなたにどんどん味方するはずです。

30代の転職は20代の転職と違って、知恵が必要です。

そして、そのベースは今までの経験を活かせることが前提です。

その為にあなたは、どうしたら転職でうまくいくのか考える必要があると思います。

考える。それだけで圧倒的に他の人と差別化できますから、多いに悩んで下さい。

落ちたってそれは成功の元。是非頑張って下さいね!