人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > こんな時どうすればいい? > 転職活動を在職中に行う場合

こんな時どうすればいい?

転職活動を在職中に行う場合

転職活動を在職して行うのは良くあること。その時に注意する事はあるのでしょうか?

転職活動を在職中に行う人は多いと思います。

私は個人的に在職中に行うのは一番良いと思います。

というのは、メリットとして在職していることで得る精神的安定感と冷静な判断ができると言うことです。

そして転職活動をやめてもリスクはありません。 

デメリットとしては在職しているが故に面接時間設定などの自由がきかないと言うことです。

ただ、精神的に安定していることは面接を受ける上で重要です。焦っているのは担当者にはわかってしまいます。焦ると冷静な判断はしにくくなりますから。

在職している限り、焦りは無職の方より圧倒的に減りますし、「ダメだったら他がある」と前向きに考えられます。

次に無職の期間が長くなればなるほど不利ですから、その点からも圧倒的に有利です。

現在無職の人は仕方ないにせよ、できるだけ在職期間中に是非とも転職活動を行いましょう。

 

次に面接の時間帯ですが、多くは在職中と言えば夜間の設定は可能です。

19:00スタートくらいまでは相談可能ですので、是非とも応募先企業に相談してみて下さい。

 ただし、上の面接に行くにつれて時間の自由がきかなくなってきます。その場合は思い切って半日

休みを取られた方が精神的にもゆとりができると思います。

 

在職していると、転職活動がメインとはならないので、面接にいけないなどの精神的に辛い人もいると思います。 叫ぶ

しかし活動自体はたかだか数ヶ月のですし、終わったときにはその期待感は図り知れません。

是非ともその良さをしって頑張ってみて下さい。

又転職活動をしていて、現在の会社の状況が変わったら、その時点で転職活動をストップしてもいいのです。内定を得ても、承諾しない限り行く必要はありませんから。

(法的義務はありません。社会通念上はありますけれど・・・)

 

転職活動中を在職時に行うことは時間との戦いです。

でも、みんな一度は通る道。ポイントは受けすぎないこと。1週間で面接が3個もあったら、それだけで

精神的にまいりますので応募はほどほどにしましょう。 眉をひそめる