人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > こんな時どうすればいい? > 外資系企業と日本企業はどちらが特?

こんな時どうすればいい?

外資系企業と日本企業はどちらが特?

外資系企業と日系企業のどちらも興味がある。外資系に行ってみたいと思うけれど、何が違うの?

私は日本企業と外資系企業両方に勤めたことがあります。

最初の日本企業はどちらかというとベンチャーちっくで、風通しはよかったです。

しかし、外資系の企業は日本創業以来期間が長すぎて、外資系企業に転職したとは思えないくらい思いっきり日本企業っぽい雰囲気がありました。

結構違和感がありましたよ。

でも、上の経営者とか役員は全部外人なんですが・・・

雰囲気は会社によって違いますが、皆さんが気になるのは条件の方だと思います。

 

 給与ですが、平均的に言うと30代の転職では外資系が若干高いかもしれません。

しかし、30代後半の転職であれば、むしろ日本企業が高いときもあります。

それと、大切なのは入ってからの条件だと思います。

一部、特に金融系では社会保険額が全額会社負担の所もあります。(通常は労使折半)

でも、ごく一部です。

これは大きなメリットといえるでしょう。

 

それと外資系でも企業によりますが、もちろん退職金は出ます。

計算式は3年以上勤めたら、年月に応じて・・・と言うところが多い気がします。

現在のご時世では、日本企業の方が退職金含めた年棒制が増えてきてるようです。

 

 外資系企業の場合、それよりも職位による給料の差やポジションによる給与差が大きく、会社内でも給与はかなり異なります。

日本企業の場合には年功序列で一年ごとに給与が上がっていくケースが多いのですが、外資系は一度はいると職位が上がらない限り、あまり賃金は上がっていきません。

それに日本企業では課長と部長の給料の差は極端な差はありませんが、外資系は大きな差があります。

又内部昇格はありますが、外資系の場合、日本企業ほど活発ではない気がします。

その為、自分のレベルアップを含め転職の必要がでてきます。

これが外資系企業に勤めた人が良く転職する理由の一つです。

 

基本的に、中途採用で外資系に入社した場合には職位は上がらない事が多いのです。

その企業にいる限り、同じポジションなのです。

恐ろしく違う部署に行くことも外資系は少ないです。

こう言った部署異動は少なく、社内で責任問題が生じた場合は、多くは辞めるしかありません。

 

また、外資系でもアメリカ系とヨーロッパ系では異なります。

アメリカ系は服装や人間関係がカジュアルな雰囲気が多い(上司と部下は友達みたいな関係な所もあります。ボスに呼びつけとか)です。

しかし、ヨーロッパ系は日本企業のような上司と部下の関係が態度にはっきりとでる事が見てきた中では多い気がします。

つまり、上司の命令は必須なのです。

それと、一度外資系企業につとめると日本企業に戻りづらいのも現実です。

 

それは給与面と雰囲気の面です。

もし、あなたが今悩んでいて英語が話せる、あるいは生活をした事があるならば、できれば外資系をお勧めします。

 

給与や条件もさることながら、仕事のしかたが全然違うからです。

外資系企業で仕事をすると、外国に行ったときそのビジネスは恐らく世界中に通用するものです。

英語でのビジネスレターの書き方とか、交渉の仕方とか・・・

また、本社や海外支店に行くチャンス、駐在するチャンスもあるかも知れません。

 

日本企業のメリットは何と言っても安定性です。

もちろん絶対ではありませんが、外資系企業ほど「来月撤退します」なんて、あっさりビジネスを締めてしまうことは少ないです。

又給与が年々上がっていく年齢給が多いのも、魅力と言えば魅力です。

外資系企業ではそれはないのですから・・・・

 

以上を踏まえて、選ぶのはあなたです。

どちらにもメリット・デメリットはあります。

最終的にはどちらがあなたにとって魅力か、あなたなりの視点で判断してみましょう。