人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > こんな時どうすればいい? > 応募したが連絡が来ない場合は?

こんな時どうすればいい?

応募したが連絡が来ない場合は?

応募した求人の結果を待っている時はどきどきですよね。でも、連絡が来ないときは諦めなければいけないのでしょうか?

魅力的な求人を見つけ、早速応募しました。

あなたは胸をどきどきさせながら、その応募先企業からの連絡が来るのを待っていると思います。

でも、応募したが連絡がなしのつぶて・・・

候補者は基本的に待ち姿勢ですが、でも、結果が気になってしょうがない場合はこちらから問い合わせて見ることも可能です。

その場合は、企業の状況を踏まえて下記の方法で対応してみてください。

  • 人材紹介会社経由の場合

人材紹介会社経由の場合は、まず書類を提出してしまった紹介会社に問い合わせて下さい。

彼らは商売なので、迅速に状況確認を行うなど対応をしてくださるはずです。

その際の注意点としては、人材紹介会社経由の場合は必ずその紹介会社を経由して応募先企業と連絡を取る形を取ってください。

書類の段階で人材紹介会社から紹介された会社に、候補者が直接問い合わせるといったことはNGです

企業側も直接連絡があると混乱しますし、やはり人材紹介会社を通すのが大前提というのがこの転職におけるマナーなので、これだけは守ってください。

人材紹介会社の場合、もし一度問い合わせみて、それでも連絡が来なかった場合は再度問い合わせることは可能です

あまりしつこいと企業側も困ってしまうと思いますが、結果が出るまで問い合わせても問題ないと思います。

  • 転職サイト経由で応募した場合


転職サイトで応募した場合、多くの企業が会社の連絡先などが書いてあるはずです。

これを利用して問い合わせを行ってみてください。

その際は応募してから1週間半以上経過した事を確認してから連絡を取ってください。

3,4日で連絡を取るというのは早急すぎます少なくとも1週間は開けてください。

送付の手段としてはEメールが一番良いと思います

電話ですと、相手も対応に困る場合もありますので、まずはEメールで送ってみて下さい。

これで反応がなかった場合、転職サイト経由の場合は申し訳ありませんが諦めましょう。

2回以上どうなったかと聞くと相手にとってはあまり良いこととはいえません。1度であれば問題は全くありませんが、2度以上聞くと先方の印象に残ります。
その印象がよければいいのですが、そればっかりはその状況でないと分らないものです。

印象が悪くなる可能性があるならば、しない方が無難なのです。


将来的に同じ会社で同じ又は別のポジションで求人がかかったとき、再度応募することは可能です。

しかし、悪印象を与えるとそれだけで将来も書類選考が通過しない事もあるのです。

企業への対応は慎重に行いましょう。

  • ホームページなどから応募した場合

 基本的対応は転職サイトから応募した場合と一緒ですが、企業によってはEメールアドレスが掲載されていない場合もあります。


その際は企業に電話してしまってもかまいません。

その際には「○月○日に御社ホームページから○○ポジションに応募しましたが、その書類は届いておりますでしょうか・・・?」と書類到着確認の意味合いでコンタクトを取ると悪い印象は取られません。

総合的にいえることですが、問い合わせを行うこと自体は悪いことでも、ネガティブな事でもありません。

ただ、一歩対応を間違うとそれは印象を悪くする可能性はなきにしもあらずですので、慎重になりすぎてもよい行動だと思います。

以上をふまえて連絡をしてみるのも一つの方法です。