人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > こんな時どうすればいい? > 求人内容の応募条件を満たしていない時は?

こんな時どうすればいい?

求人内容の応募条件を満たしていない時は?

せっかく見つけた興味のある求人に応募するにも、応募条件が合わない時ってありますよね。そんな時は応募は控えた方がいいのでしょうか?

応募したい魅力的な仕事に巡り会えた、それは素晴らしいことだと思います。

しかしその魅力的な求人が、自分が応募条件を満たしていないときは応募していいのでしょうか?

結論から申し上げますと、30代の転職では応募して良いものと応募していけないものがあります。

以下のものは、応募可能です。

1.求人の中で必須条件を満たしている。

(全部満たしている必要はありません。最低限のものを満たしていれば大丈夫です)

2.少なくとも1つ以上自分がやって来た職務経歴と向こうの求めている経験が一致する 。

3.求人している年齢の±5歳以内である。

 

以上であれば応募は可能です。 というのは、選考が進む可能性があるものです。

 

逆に以下のものは、応募を見送りましょう。

1.応募条件を全くと言っていいくらい満たしていない

2.その応募したい業務が未経験の場合、未経験者歓迎などといった記述が全くなく、経験が以外は難しそうな場合

3.年齢が明らかにオーバーしている場合

いずれかに該当する場合は、正直書類選考の通過率も低くなりますので、選考が進む可能性は低いというのが現状です。

転職で書類選考の通過率が悪いというのは、モチベーションが下がりますし、可能性が低いものにあえて応募する必要はあまりありません。

あまり期待をせずに他を探すことが賢明だと思います。

 

20代であれば「この仕事をやってみたい!」と勢いで応募することも可能ですが、30代の転職となる勝手が違います。

あまりにも自分と応募条件がかけ離れた求人に応募すると、「この人、大丈夫??」とかえって不審がられてしまう所もなきにしもあらずなのです。

 

20代の転職とは異なることを頭に置きましょう。

又、応募条件はすべて満たしている必要はありません。 (もちろんあればベストですが)

すべて満たしていても、満たしていなくても最後に採用されるのはご本人の人間性や将来性を含めた総合判断です。

決して経験や書類だけで採用が決定される訳ではないのです。

ご本人の資質も含めた総合的なものだという点はとても重要で、ご本人の資質が高ければ経験者でなくても採用されることも沢山あるのです。

採用を判断する方も人間なのです。

最終的に「この人と一緒に働いてみたい!」と思わせることが大切なのです。書類はあなたの選考を進める材料であって、それだけで採用が決定される魔法の紙ではありません。

最終的に「一緒に働いたらきっともっと良くなるだろう」と期待できる人が採用されるのです。