人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職に役立つ資格 > 職種別オススメの資格その2

転職に役立つ資格

職種別オススメの資格その2

資格を取ることによって、転職活動に有利に働く可能性がある資格を職種事に書いて行きたいと思います。

有利になる資格を見る前に、まずはブレイクにこちらのサイトをみてみませんか?

<あなたの脳内年齢と適職判断が簡単にできます!>

『脳年齢診断』

あなたの脳は、今何歳?脳年齢と一緒に、あなたの脳の能力からみた適職を診断!
早速チェックしてみよう。テレビでもおなじみ、米山博士監修!  

このサイトのおもしろいところは、自分の脳の実年齢がはっきり出てかつその結果に基づいたあなたの得意分野を見極めて、適職を判断するというものです。

私もやってみましたが、脳内実年齢は30歳!実年齢より○歳若い・・・ 照れる  

結構おもしろいですよ。5分程度もかからずに結果がでます。

 

さて、その結果はあなたの今の仕事や希望にあってましたか?

職種別のオススメ資格ですが、 

<営業系>

特に営業で必要な資格はありませんが、働いている業種によって有利になる資格もあります。

(例:販売士、簿記など。そして場所によっては運転免許は必須)

営業系に関してはあなたの今までの実績や数字を重用視しますが、もしそれが具体的な数字ではっきりとでなかったり、明確になりにくい場合(営業でも数字がでにくいものもありますので)は資格でアピールすると良いと思います。

そのためにはあなたが目指す業界に関連した資格を選ぶと良いと思います。

例えば金融業界であれば、「ファイナンシャルプランナー」といった資格をとると営業でも安心感が違います。

こういった業界事に役に立つ資格を判断することは一つあります。

その際はやはり、資格の難易度は少し上をオススメします。

あまり簡単に取れるものだと評価されにくいのです。

こういった業界に関連する資格を営業職を得ると、知識が広がるだけでなく、実際に入社してからも顧客獲得にも繋がると思いますよ。

<クリエイティブ系>

ご自身の目指す仕事内容によってかわりますが、メジャーなのはDTPエキスパートやインテリアコーディネーターなどの資格です。

正直申し上げて資格よりも作品などでご自身の実績を作って、相手にアピールすることを心がけた方が有効だと思います。

<IT系>

この職種は資格が有利に働く典型です。

IT系といっても幅広いですが、ソフトウェア系であればオラクルマスターやシスコ技術者認定などのベンダー関係の資格は、あなたのスキルや努力の証明になり、仕事をする上でも信頼感につながります。

日々進歩するIT業界ではこういった勉強をすることが結果的に知識の向上→実務に生きる、というパターンが通用します。

いずれの資格も取得は深い勉強が必要ですが、有利になると分っていればやる気もおきるのではないでしょうか?

 

以上となります。

資格は30代の転職を多少有利にしてくれる、有効なツールです。

それ以上に知識を上げて、真剣に仕事に取り組もうとしているあなたの姿勢は人事担当者に通じるところがあるはずです。 

資格取得で、是非あなたなりのアピール方法を見つけて下さい。

 

プロをめざせるスクール・講座検索サイト「資格と仕事.net」