人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職に役立つ資格 > 職種別オススメの資格その1

転職に役立つ資格

職種別オススメの資格その1

実際に資格をとって転職に役立てたい。
そんな時、どんな資格が有利になって、かつ仕事に生かせるのでしょうか?

転職に関して資格というのは、何げに有利に働くことが多々あります。
30代で転職をするとなると即戦力が求められますので、資格は人と差別化するための手段のひとつとなっています。

でも、仕事に役に立ちそうな資格でないとやはり評価の対象にはなりません。
ここでは職種別に有利となるような資格を見ていきましょう。
今回は1回目です。

<事務系>
やはりパソコン関係が一番でしょう。
技術的なものでなく、オフィス系のソフトの資格の方が良いというのは言うまでもありません。
お勧めはオフィス系のスキルや知識が向上できるような資格です。
特にエクセル。これはできればできる程評価がどの職種でもあがります。
ピポットとか使いこなせる人って思ってるよりも少ないので、こう言ったことが「できます!」と自信をもって答えられるだけでも事務職ではアドバンテージにはなると思います。
ちょっと勉強すればオフィス系は比較的簡単に取れますよ。


<管理部門系>
経理であれば税理士や簿記、人事系であれば社会保険労務士など。
管理系に関しては実務の有無にかかわらず、その資格の知識が評価の対象となるような気がします。
なので、こういった資格に関しては実務の有無よりもまずは知識優先で頑張って取得してみては
いかがでしょうか。

<マーケティング系>
どの業種かにもよりますが販売士等や、数字が絡む資格を取ると有利です。
又外資系企業であればMBAといった資格も以前ほどではありませんが、知識としてもっているのはおもしろいです。
(でも取得にはお金と時間がかかりますので、最終判断はお任せしますが・・・)
最近のMBAは以前のように留学でなくても通信でとれたり、通学でも取れたりします。
又外資系では英語力でしょう。

この職種の特徴としては資格よりも実務となってしまうのが悲しいかな、特徴となっていますので、
資格はあくまでもプラスアルファとして考えましょう。


いずれも業務にあった資格というのは、職種だけでなく目指す業界によってもかわってきます。
下記のサイトは、「仕事に役立つ資格は何か?」という疑問に直結して答えをくれます。

明るい未来が見える900人以上の転身成功者の証言 資格と仕事.net

これは有名な「ケイコとマナブ」の姉妹サイトで、どのような職種はどのような資格を取ればいいかという情報がたくさん掲載されています。
又資格による成功事例なども沢山紹介されています。


他に外資系企業を目指すのであれば、職種に関わらずTOEICといった資格は必須です。
TOEICは企業に幅広く認識されてますし、外資系企業では昇進の条件になっている企業も沢山あります。
(現に私がいた企業では課長以上はTOEIC700点以上取ることが必須でした。取れないと降格)

外資系企業に興味がある人は今から少しづつでかまいませんので、こつこつと勉強をする事も大切だと思います。
あなたの会社がいつ外資系企業に買収されるかはわかりませんから。。。。


TOEICを勉強するのでもお勧めするのは、やはりケイコとマナブ。
やっぱりダントツで情報が多いんですよ〜。

最大手のリクルートのサイトで、情報も多く、掲載されているスクールもそこそこのものです。
TOEICはこつこつ勉強するのが一番!

特に30代で転職を目指すあなたは後の将来にも大きな味方になってくれる、頼もしい資格です。
人事担当者の私もTOEICは英語力を客観的に見る資格として重用視しています。

まずは趣味や教養の一つとして勉強してみてはいかがでしょうか?
英語に多少興味があるならば、もっていてまず損はないと思います。