人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職に役立つ資格 > 資格を複数持っている場合

転職に役立つ資格

資格を複数持っている場合

資格をいくつかもっているが、それが仕事に関係あるかイマイチ不明。そんな時はどうすればいいのでしょうか?

時々大変勉強熱心で、業務に関連した資格だけでなく、ご自身の興味のある分野を含めて沢山の資格をお持ちのかたもいらっしゃいます。

私はその方は、とても素晴らしいと思うのです。

人生で無駄な時間を過ごさず、ご自身に対して真剣に向き合ってらっしゃると思います。

勉強熱心で向上心にあふれた方だと思います。 

 

しかしながら、転職市場は資格の数が多ければ良いというものではありません。

資格が複数あって、履歴書に書ききれないという場合は、まず業務に関連する資格で重要度の高いものから記載するようにしてください。

例えば運転免許は業務上運転するのでなければ、特段記載する必要はないかと思います。

もちろん、書かなくても嘘にはなりません。面接で聞かれたときに答えれば良いのです。

 

又既にお持ちの資格をアピールしたい場合で、かつ複数の資格をお持ちの方は、そのご自身が希望されている職種に照らし合わせて重要度の高い資格から記入するようにしていってください。

更に次の優先順位としては資格の難易度順です。

 

決して面接で突っ込まれて慌てるようなことのないような資格を選んでください。

 

転職上、応募書類で魅力的に魅せるにはまず、資格記載について優先順位をつけることです。

残念ながら、数ではありません。

もし複数取得されていて、これは業務に関係ないかもしれないと強く疑うような資格があれば、むしろ省いてもいいかもしれません。

一部ですが、人によっては資格取得が多すぎると思ったら「資格マニア」とか、

「暇じゃんじゃないか」とかネガティブな姿勢で見る方もいらっしゃるのです。

私個人はその姿勢はとても素晴らしいと思いますが、どうやら世の中の人全員がそう思う訳ではなさそうです。

(当たり前か 眉をひそめる

 

まとめますと、

1.資格にも優先順位をつける

2.業務に関連していない、又は資格取得した理由が曖昧で面接で突っ込まれて明確に答えられない場合は書かない。

資格取得に関しては書く順番を考えてください。それが応募書類上大切な事です。

大事なものをより上に、これは書類での重要ポイントです。