人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職に役立つ資格 > 資格は役にたつのか?

転職に役立つ資格

資格は役にたつのか?

転職に関わらず仕事上関連した資格を取ることは、将来を含めて有効な手段です。

でも資格っていっぱいあるから分らない・・・そんな時は

何の資格を取得して良いかわからない場合は、ひとつメジャーな資格を取るのも一つ心の精神安定剤になります。

 

資格取得に関して、私は転職市場においては有利となることを申し上げてきましたが、転職においては絶対条件ではありません。

あくまでも補助的な手助けをする手段です。

 

もし今のあなたに時間的余裕があるならば自分の将来のための知識財産と思って、資格を取ってしまうことも一つです。

自分の仕事にとって未経験の分野であっても、将来的にしてみたい仕事であったりといったことであれば、必ずしも今の業務に関連していなくても十分取得する価値はあると思います。

例を申し上げますと、

今経理関係の仕事をしている人が、何かアパート経営などの投資を初めて不動産投資の分野に興味を持ったとします。

その場合、今の業務に関係ない宅検などを取得し、将来的に不動産投資の会社に転職を狙うということであればそれは有利に働きます。

こういった自分の趣味や興味でもかまいません。

転職上ポイントとなるには、履歴書に反映するかどうかを選ぶ時であって、資格の勉強をする事そのものは様々な知識が深まりますので大いに結構な事だと思います。

でも資格というのはあまりにも数が多くありすぎて、何が自分の仕事上有利に働くか分らないかもしれません。

もしあなたが資格取得を考えていて、どの資格か迷っていたらいわゆるマイナーな資格から取るよりかはメジャーな資格を取ることをお勧めします。

 

さらに何が自分の仕事にとって有利になるかわからない、という方がいらっしゃいましたら、まずは自分が好きな事から取ることもひとつです。

好きな分野で資格の勉強をすると、その楽しさや奥深さに気づき、最終的に自分が何がしたいか見えてくることもあるのです。

資格取得をすることで、それが仕事上いきなり役立つかどうかと言われれば、資格は取る必然性に駆られない限り、個人的な将来に対する投資としか言いようがありません。

では、資格というのは重要視されないか? 

・・・そんなことはありません。

採用担当者はきちんと見ています。

転職には(一部の業務を除き)絶対ではありませんが、有利になる時があります。

このスタンスは変わりません。

資格を取ることで業務知識が広がると、いろいろな事に目が止まるようになります。

今まで気がつかなかった事が見えてくるものです。

運転免許を取った瞬間、今まで気にしたこともなかった街中の標識が見えてきませんでしたか?

30代を向かえたあなたは今まで以上に将来に対して、真剣なはずです。

まずはあなたの仕事に関連した資格や、好きなことで資格を取ってみてはいかがでしょうか?

難易度も関係なく、あなたの自信のために。

 

">