人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > より魅力的にするには > 求職職種に応じた具体的な書類の作成方法

より魅力的にするには

求職職種に応じた具体的な書類の作成方法

実際の求人に応募する段階まで来たとき、ぜひご自身の職務経歴書を今一度見直してください。

私は個人的には、応募する求人に応じてご自身の職務経歴書を手間ではありますが、毎回若干修正することをお勧めしています。

(又はいくつかパターンを作っておいて、求人事に提出するパターンを決めたりします)

 

その求人が求める条件や理想像というのは求人をよくよく観察するように見てみるとと段々見えてくるものです。

具体的な求人サイトをまずはみてみてください。

(※参考  サイト内「転職サイトの上手な使い方」

何か具体的な求人を一つでかまいません、何でも良いので、みてみてください。

何と書いてありますか?

何の経験を求めていますか?

大体の仕事に関するイメージが見えてきましたか?

転職においては、応募したい求人に具体的記述されているキーワードが、今回の求人のポイントとなるものです。

そのキーワードを見つけ、そのキーワードにあった職務経歴書の記述にするのです。

具体的には

営業の場合「海外営業」「半導体部品の営業」とあるとします。

これがキーワードです。

あなたはこれらを経験していますか?

もし経験しているならば、その経験した内容を職務経歴書に記載しましょう。

そして、できる限り経験の先頭に記載するのです。1行目が効果的です。

これであなたの書類は書類選考時に、ぱっと目に止まります。

 

この方法は地味で若干大変ですが、 有効な手段のひとつです。

30代の転職はやはり「今までの経験」がキーワードとなります。その経験を売ることが、地道ですが一番確実な方法なのです。 

でも、求人事にやるのは大変でメンドクサイと思われた方には・・・

まずあなたの目指す多くの求人に共通した重要キーワードをピックアップして、職種キーワードを厳選する方法で対応することもひとつです。

 

まずは一手間入れてみてください。

ご自身で工夫されることで、より書類選考の通過率は上がります。

30代の転職は「知恵」の勝負です。