人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > より魅力的にするには > 経験職種の分析と具体的記述方法

より魅力的にするには

経験職種の分析と具体的記述方法

ご自身で経歴書を作成されると、これでいいのかな?という疑問がわいてくるはずです。

自分の書類が魅力的かどうか確認したい!

そんな時は、下記のポイントに基づいて是非レビュー(見直し)を行いましょう。

1.自分が希望する職種は何ですか?

言うまでもなく、自分の希望する職種の経験があなたの職歴書で一番大切です。

・その経験が書いてある部分は他に比べて魅力的になっていますか?

 その分野であなたが得た一番深い経験が記載されてますか?(専任担当者とアシスタント両方の  経験であればまず、専任の経験を書いてください) 

・他に比べて若干でも多く、具体的に書かれていますか?

・他の経験よりも一見して目立つようになっていますか?

転職市場において経歴書はただ単に事実や経歴を並べれば良いのではありません。

企業が「あ、この人は(今募集している求人に対して)同じ経験である。そして、その経験は今の会社にとってとても魅力的である。」と一見して思われないといけないのです。

その為には、ルーティーンの仕事だけでなくプロジェクト経験や、マネジメント経験等も経験としては大きなプラス材料です。

自分にとっては些細な事かもしれませんが、企業は求めていることが多い経験の一つです。

 

テクニックとしては、具体的な数字を入れると効果的です。

例えばプロジェクトを行ったことで、前年比コストを10%カットできたといった事でもそれは実績です。

転職での職歴書で、こういった具体的記述をいれた職歴書というのはあまりないので、これだけで他者との差別化になります。

 

大切なのは、見やすい事を前提として、具体性とメリハリがあることです。

逆の立場から見たとき、あなたの書類は「お、この人にあってみたいかも?」と思えますか? 

そう思える職歴書になることが、あなたの転職活動を成功させるポイントです。