人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > タイプ別書類作成テクニック > 経験職種が複数である場合

タイプ別書類作成テクニック

経験職種が複数である場合

経験職種が複数である場合は、その経験職種がいくつかであるかによって書き方も変わってきます。

転職するために、経験職種が複数ある場合の措置としては、下記の通りです。 

 

まず2つの場合。

これはバランスですが、いずれの経験も平均的に均等に書いて問題ありません。

又は6:4で今後希望する職種について多く記載しても良いと思います。

 

次に3つの場合は状況が異なります。

職歴が多いのも同様ですが、まずは書類にできるだけ強弱をつける必要があるのです。

希望する職種を一番多く書き、他の職歴はその業務に関連する業務を中心に記載します。

割合で行けば6:2:2といった所でしょうか。

場合によって5:2:3でも、4:3:3でも問題ありません。

ポイントとしては希望する職種の記載を他よりも少しでも多くする事です。

 

そして、4つ以上の場合は、まず重要視する職歴と関係ない職種をばっさり分けてください。

他の職歴は、1,2行程度でも良いのです。

ご自身の経験で一番強調したい職種を選んでその経験を詳しく、記載しましょう。

 

何度も言っておりますが、転職において一番大切なポイントは職歴書にメリハリをつけることです。

強弱があるだけでも、人事担当者は一番力を入れて読むことがわかるので、まず読む気がするものです。

想像してみてください。

採用担当者は何十通という応募書類に短い時間で目を通さなければいけないのです。

多くの書類から目立つこと。これは彼らにとってもメリットです。

又自分自身のアピールだけでなく、相手が何をこの求人に求めている事考えて、それを書くという双方向の事すると良いと思います。

こういった相手の事を考えて書類を作成している方というのは転職に限ると正直申し上げてあまりいないので、読み手に優しい書類を作れば、最終的に結果はついてくると思います。