人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > タイプ別書類作成テクニック > 職歴が多い場合

タイプ別書類作成テクニック

職歴が多い場合

職歴が多い方というのは、職歴書が長くなりがちで、その他にまとめるのも大変だと思います。 ポイントとしては・・・

どのくらいの職歴の多さにもよりますが、やはりお勧めとしては長くても2枚までにまとめるのが良いと思います。

また職歴が多い方は、普通以上に強弱という書類にアクセントををつける事を勧めします。

応募する職種と全く関係がない場合、極端な話、一行の職歴を書くだけでもかまいません。

その期間何をしていたかわかれば大丈夫です。

(書かないというのは履歴詐称になりますので、良くありませんし、又ブランクがあると突っ込まれますので職歴そのものを書かないというのはお勧め致しません)

※派遣会社でいくつか職歴がある場合、派遣会社の名前をひとつ書いて、その中の派遣履歴をまとめるのもすっきりまとめる方法の一つです。

又アルバイト的な職歴がある場合は、正社員の職歴と別の記載として、下の方にまとめて書くのも一つです。

つまり、この期間はアルバイトだったと言うことで、正社員とアルバイトなどの職歴を別にして書くのです。

 

とにかく強弱をつけ、職歴の多さをカバーする工夫が必要となります。

職歴が多いという事実は隠せません。それをただ羅列してみせるというのでは、30代の転職では

勝機を遠のけます。 

大切なのは見せ方です。職歴が多いから一概にダメだということではありません。

まずは職歴をすっきりと魅せる努力を行ってください。

レイアウトを固めるのが、この職歴が多い方のポイントといえるでしょう。

最近は派遣での仕事をしている人も増え、職歴が多い方も多くなってきました。

こういった悩みを持っているのはあなただけではありませんので、是非ともめげずに頑張ってくださいね!