人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > タイプ別書類作成テクニック

タイプ別書類作成テクニック

職歴が多い場合

職歴が多い方というのは、職歴書が長くなりがちで、その他にまとめるのも大変だと思います。 ポイントとしては・・・

「職歴が多い場合」詳細はこちら

経験職種が複数である場合

経験職種が複数である場合は、その経験職種がいくつかであるかによって書き方も変わってきます。

「経験職種が複数である場合」詳細はこちら

社内異動が多い場合

社内異動が発生してしまうというのは、30代を向かえたサラリーマンにとっては極普通です。

それでも何回も異動していると、転職書類を書くときは困ってしまいますよね。そんな時・・・

「社内異動が多い場合」詳細はこちら

希望する職種のキャリア(経験)が少ない場合

私が思う”キャリアが浅すぎる”というのは、目安として大体経験が短くて1年未満、次に3年未満であることだと思います。 30代の転職では5年以上の経験を求められることもしばしばです。

「希望する職種のキャリア(経験)...」詳細はこちら

ブランクや留学期間がある場合

ブランクがあった期間については、必ず面接で聞かれる事と思います。

「ブランクや留学期間がある場合」詳細はこちら