人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 応募書類の作成ポイント > その他応募書類(主にEメールなど)の書き方

応募書類の作成ポイント

その他応募書類(主にEメールなど)の書き方

最近では、応募にEメールを使うことが増えました。ビジネスで使うことはあっても、転職応募のメールは

あまり書いたことがないかもしれません。その場合・・・ 

 

最近応募に関してはEメールを使う機会が増えました。

Eメールは履歴として残るので、特に最初のコンタクトとしては最低限のポイントは抑えておいた方が良いのです。

応募するときのメール内容はきちんと、端的に書いてあれば応募書類として問題ありません。

ポイントを落としているときはマイナスとなりますが、普通に書いてあれば悪印象をもたれにくいですし、これで落とされるような差が出にくいのが特徴です。

ポイントは以下の通りです。

1.ポジションの明記どのポジションに応募するかをきちんと明記してください。

人事部はそれを見て、書類を担当者に振り分けます。 それができないと、書類は後回しになってしまいます。

2.パスワードを明記。ZIPファイルは薦めません。

最近多いのが履歴書などをPDFファイルにする方です。

もしその際パスワードを設定していたらパスワードも忘れずに明記下さい。

時々忘れて送る方や別メールで送付される方がいらっしゃいますが、相手は沢山の応募者がいることを忘れてはなりません。

又ZIPファイルなどにするとセキュリティー上企業で受け取れなかったり(テンプファイルが削除されます)、解凍する手間が発生するのでお勧めしません。

3.どの媒体を見たか応募に関して何処をみてこのアドレスを知ったかどうかを書いてください。

そうすると担当者は出所がわかり、心理的に安心します。

 

以上を注意して端的にメールを打つことが大切です。

これが元で落とされることはあまりありませんので、作成に関しては神経質にならなくても大丈夫だと思います。

しかしながら、こっちが好意でやったこと(ZIPにする等)で相手が万が一トラブルになってしまったり返信の手間が発生するとあまり言い意味でなく印象に残りますので、注意が必要です。