人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 派遣会社の上手な使い方 > 紹介予定派遣の実態は?

派遣会社の上手な使い方

紹介予定派遣の実態は?

紹介予定派遣というのは実際に働いている人はどうなんだろう?どれくらいの人が紹介予定派遣から社員になっているんだろう?こういった疑問はわきますよね。

紹介予定派遣というのは比較的新しい求人の形態で、まだまだ周りで利用している人と言うのを見る機会は少ないかもしれません。

しかしながら、年々その求人数はうなぎ登りですし、実際にこの制度を利用して紹介予定派遣から社員になる人の数もどんどん増えています。

では実際にはどんな求人があるのでしょうか?

一概には何とも申し上げられませんが、やはり多いのは事務職の求人です。

事務職でも普通の事務もありますし、経理・人事などといった専門的な事務職も勿論あります。

例えば派遣業界大手のインテリジェンスは、外資系の大手や優良企業の事務案件を常に多数持っています。

外資系に強く、老舗なので比較的大手企業との取引も活発です。

<サイト> インテリジェンスの人材派遣

 

こういった案件を多く持っている企業常にチェックして、気に入ったあれば是非応募してみては。

気に入った案件を案内されるためには登録に行くかと思いますが、その時実際に話を聞いて違ったと思えば、企業に応募しなければ良いだけなのです。

会社には一度登録してしまえば、同じ条件で別の案件が入ったときに探さずにすぐに連絡が来て紹介してもらえるので、もしお目当ての案件にその時応募できなかったとしても全くの時間の無駄ではないとは思います。

 派遣の動きは正社員の動きよりも全然早いです。

3日後に案件が決まってしまったというのは良くある話です。

登録しておいたら、次回のチャンスは少しでも拾えるかもしれません。

 

気になる紹介予定派遣という制度で実際に社員になった人というのはどれくらいいるのか?

この件ですが、各派遣会社でも恐らくデータを取っているケースはほぼ皆無でしょう。

ただしいえることは年々この制度を利用して社員になるケースはどんどん増えています。

しかしながら、派遣の延長感覚で、又はアルバイト感覚で行ってしまうと「思っていたのとやっぱり違った」と辞めてしまうケースももちろんよく見かけられます。

私が知る限り、それなりに社員になる気持ちで頑張って仕事を掴んだ人は、どんな職種にもかかわらず比較的社員になっている人が多いように見受けられます。

要は応募者側の意欲であったり姿勢というのも、30代の転職、特にこの紹介予定派遣で成功させるのは大切な要素だと思います。 

 

紹介予定派遣の案件を紹介されたときのポイントですが、まずはどれくらいの期間で正社員になれるかを聞きましょう。

多くは半年以下です。1年とかあった場合、他の条件がそんなに魅力がなければ私はオススメしません。

というのは1年は長すぎるのです。社員になるのが一番の目的であるならば、他にメリットがあったり、

希望の仕事そのものだ!と言うことであれば話は変わりますが、そうでない限りは派遣で1年続けて正社員になれるかどうかは又1年後、というのは期間的に長いからです。 

案件を案内されるとき、多くの企業は社員になったときの年収は教えてくれません。

曖昧にされるケースが多いので、質問しても明確な答えがないときは、その点は諦めるしかないかもしれません。(派遣会社が聞きたがらないというだけかも・・・)

でも、時給で計算してみるしかないですけれどね(苦笑)

 

こういった紹介予定派遣というのは30代の転職を目指す方、特に女性で事務職を狙っていきたいという方はとても良いチャンスをもった選択肢です。

あなたの選択の幅が広がります。是非とも選択肢の一つとして考えてみて下さい。