人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 人材紹介会社について > 良い転職コンサルタントとは

人材紹介会社について

良い転職コンサルタントとは

人材紹介会社に登録すると、必ずと言っていいくらい担当がつきます。この担当者がいいかどうかがわかるには・・・

人材紹介会社に登録する事にしました。

そうすると必ずと言っていいくらい面接担当とあなたの今後のフォローを行う、「転職コンサルタント」という方にお会いすると思います。
いわゆる「自称(及び社内の呼称で)転職コンサルタント」という方はこの世に五万といます。
特に資格等は必要ないので、自分が名乗ればそれでコンサルタントです。

しかしながら、必ずと言って良いくらいいいコンサルタントとちょっといただけないコンサルタントというのがいるはずです。
では、どういったところをポイントにして見分ければよいのでしょうか?

私が重要視するコンサルタントの質は「専門性」です。
つまり、あなたのキャリアにあった専門知識がある人、又はその分野で実務経験をしたことがある人が素晴らしいと考えています。
というのも、このコンサルタントというのは、その登録する方に関して

・どういったキャリアプランを持ちたいか
・どういった条件ならば転職するか
・ご本人の現状と現実との照らし合わせ

を行います。
良くありがちですが、ITエンジニアに普通の若い女の子のコンサルタントが当たるとITなんてさっぱりと言う人がいます。これだと、あなたが転職する案件を紹介してもらうのに、ミスマッチがおこります。
いわゆる”的はずれ”な案件を紹介してくる可能性があるのです。

あなたのキャリアプランであったり、条件であったりといった大切な事は、あなたの仕事内容がわかり、アドバイスできるような知識がある人であるのが前提です。
しかしながら、この業界はぶっちゃけおじちゃんがやっているか、若い人がやっているか極端な業界なのです。
なので、あなたを担当する転職コンサルタントが信用するに値するか、まずはお互い見てみましょう。
この知識が強い人であれば問題はありません。

次に資質です。
人にアドバイスするといっても、一方的に「こうするべきだ」という意見を押しつけるコンサルタントはあまり良いとはいえません。
あなたの希望を叶うか叶わないかは別として一応受け止め、そこから何ができるかを一緒に考えてあげるのが彼らの仕事です。

これは会社の規模に問わず、良い人材にあたるかどうかという確率の問題です。
私がオススメした会社ではこういった人がいる可能性は高いですが、この世には数え切れないほど人材紹介会社があります。
決して規模やネームバリューでは計れないことはご了承下さい。

では、もしあまり良くない転職コンサルタントに当たってしまったら?

その時は、しばらくは付き合ってみましょう。
それで、どうしようもないと思ったならば担当を変えるか、その会社と縁を切るか2つに1つだと思います。
いずれにせよ、担当を変えてもらうことは可能だと思います。
もし困った事になったらいってみるのも一つですよ。