人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職サイトについて > 転職サイトの上手な使い方

転職サイトについて

転職サイトの上手な使い方

転職サイトって沢山あるけれど、どれがいいんだろう?又登録すると情報とか漏れないのだろうか?

あなたが真剣に転職を考え始めたなら、具体的に起こす行動としては一番に転職サイトに登録する事です。

なぜなら結果的に転職するかしないに関わらず、今具体的に募集している求人内容を見ることは現在の世の中で必要とされている求人情報が具体的に分るからです。

更に、その情報を基とすることで自分の具体的な良い点や欠点が見えてきます。 まず登録するなら一番目としておすすめするのは、リクナビネクストです。

  社会人のための転職サイト「リクナビNEXT」

このサイトは情報力で言えばダントツNO1です。

求人数も多く、職種も全般的であり、他では掲載数に限りがある地方の求人も扱っています。

検索も優れていますし、本当に今採用をしたいという会社が本気で求人をのせていますので、その生きた情報性は確かなものがあります。

(独り言ですが、結構掲載料高いのです。こういった求人媒体って(苦笑)) こういったサイトに登録することは、転職を行う上で一番のスタートラインになります。

ネットが中心となった今の転職市場で、転職サイトに登録せずに転職活動をするのはまず難しいでしょう。 最近は求人検索だけでなく、スカウトメールといって、企業側からあなたのキャリアを見て自分の会社の面接に来て欲しいとファーが来ることもあります。

下記はリクナビネクストにあるスカウトの一例です。

  今、仕事を頑張っている。でも、社外で通用するか?は未知数のあなたへ

こういった出会いを行えるのは転職サイトの良さでありますし、現在の転職活動は情報を制したものが転職活動を制するといっても過言ではありません。

 私も人事担当者として以前は新聞の求人広告を使っていましたが、今はほとんど使いません。

それに現在はインターネット媒体の方が新聞より場合によってはコスト高な事もありますが、今はまずインターネットでの転職サイトを使います。

その方が優秀な人材が集まるのです。ネットの情報の方が遙かに新鮮で、優秀な人が集まるのです。

 こういった意味からもネットを使いこなせない人は生きた情報を集めることができません。

是非こういった転職サイトで求人情報の選択に慣れてください。それが転職活動を成功させる大きなポイントです。 しかし、転職をそこまで真剣に考えていない方もいらっしゃると思います。

そんな方は逆に転職サイトに登録すると、転職をしなくてはいけないような気になってしまうかもしれないし、何か勧誘が来るのかと思ってしまうかもしれません。

心配されるお気持ちはわかります。

会員登録するメリットとしては会員になると配信される情報があります。それは転職だけでなく、労働市場全般に関するニュースです。今のトレンドや転職者の1年後などさすが転職サイトと思う求人情報以外を多く扱っています。

こういった情報は転職するに関わらず今後の参考として参考になります。メールの定期的配信はありますが、勧誘はまずありません。

スカウトメールを設定すると企業からスカウトメールが入ることがありますが、希望しない場合は設定をオフにすればいいのです。

私は転職をむやみに薦めたりはしません。

自分にとって本当に価値があるならば転職をすれば良いのです。

何となく転職したいというレベルでは、この30代の転職はむしろ危険です。

30代は企業としても20代と求めるものが違います。

将来の方向性を熟考した上での転職であるならば私は賛成しますが、今の会社が嫌だからというレベルであれば、むしろ転職しない方が良いと思います。

転職をする、しないに関わらず社会がどのようなニーズで動いているのか、現在の求人を基に今どこの企業が業績良好なのかを知ることはビジネス上でも非常に有効な手段だと思うのです。

そういった点からもこういうサイトで普段から情報収集されることをお勧めします。

次のページではリクナビ以外のお勧め求人サイトをお知らせします。

(※参考 サイト内リンク「オススメの転職サイト」