人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職活動に役立つ情報 > 海外での就職・求人について

転職活動に役立つ情報

海外での就職・求人について

海外で働いてみたいけれど、実際どんな求人があるの? こういった疑問を持つ人は多いと思います。

海外で働く。

一見華やかに見えるこの海外就職、実は落とし穴もあるのです。

海外で働くことはとても楽しいし、素晴らしい経験になるのですが、問題は求人です。

特に日本から駐在でいくのではなく、直接企業に応募して仕事を探される方に関しては、日本人が就職できる海外での一般的な求人は限られてしまう、と言う現実をお知らせした方が良いと思います。

いわゆる特殊スキルでない求人は下記の業種からの求人がほとんどだと思います。

海外で多く募集している求人は、

・ホテル

・旅行関係

・サービス業

ほぼこの3点に集約されてしまうと思います。

海外にいてもいわゆる日本語を使って、日本人相手に仕事をするような求人が中心です。

又賃金に関しては現地採用になると、多くは日本の給料より劣ります。

もちろんこの業種の求人がすべてではありません。

あなたのスキルを活かしたり、別の分野での仕事ももちろんあります。

ただ、絶対数ではこの業種が多いのです。

=(イコール)就職しやすいのはこれらの業界です。

こういった仕事を希望されていたり、賃金的に日本より落ちることは頭に入れてから、具体的に海外の求人を探されても良いと思います。 厳しい現実をいきなりいってごめんなさい。これ以外の選択肢がないと言うわけではないのです。

 現実は海外就職は決して甘かったり、楽しいばかりではないのです。

ただ、経験としては素晴らしいですけれどね 笑顔  

 

具体的な海外求人の探し方としては、多くは大使館に商務部などを持っています。

こちらで求人関係の情報を扱っている場合もありますし、各種インターネットで探されるのも一つの方法です。

最近目立つのはドバイで多く日本人を求人しており、転職関係の雑誌などに掲載されているのも見たことがあります。

こういう求人媒体にも載るような事もありますので様々な媒体にアンテナを張っておくと良いと思います。

もし、上記の仕事以外で就職したかったりしてなかなか条件に合った仕事がなかったり、賃金的に苦労したくないという人で海外の就職を目指されるのであれば、遠回りと思われるかもしれませんがまずは日本で就職して、後に海外勤務できるような企業で働くことをお勧めします。

この場合、現地でも日本の給料で滞在できますので金銭面でも比較的余裕も持てるのがメリットです。

 

私がアメリカで人事系の仕事をした時は、海外インターン生として仕事をNPO団体に斡旋・紹介されました。

彼らが仕事を見つけ、英語でのインタビューがあり、それにパスして就職しました。

結構あっさり決まってしまったのを今でも覚えています。

こういった団体に自分から登録して、仕事を探してもらうというのも一つの方法です。

海外での求人は無数にあるはずです。

問題はその情報をどうやって仕入れるか、だと思います。

 正直申し上げてこれはいろいろな所にアンテナを張っておく、こうとしか言いようがありません。

 

いずれにせよ、海外で働く場合は英語力は必要となりますので、併せて勉強しておかれると良いと思います。

(決して高いレベルは必要ありません。仕事によります)