人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職活動に役立つ情報 > あなたは転職するべき?しないべき?

転職活動に役立つ情報

あなたは転職するべき?しないべき?

転職するべきかどうか、又は転職ができるのか自分自身の価値がわからない。 そんな時は・・・

会社勤めで特にこれといった売りも少ない、転職できるかどうかもわからない、多くの人は必ず一度は通る悩みです。

私もそうでした。

このような悩みがある人は、まずはキャリア査定を受け、転職するかしないかを判断したり、転職活動の対策を練ってみてはいかがでしょうか。

私のお薦めはリクルートのキャリア査定です。

<サイト>

 あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定

このキャリア査定はあなたの細かい職務内容や転職回数、年齢など総合的な事を含めてあなたの価値を判断してくれます。

なぜ私がお勧めするかというと、リクルートエイブリックは業界でも最大手です。

数多くのサンプルデータを持っており、データも精度が高く、信頼性があります。

私も個人的に受けた事がありますが、今まで気づかなかった私の仕事に対する評価が「査定」「年収」という具体的価値で戻ってきて、結果的に自分を冷静に見つめ、自分の自信に繋がりました。

今まで会社勤めで特に何も取り柄がないと不安になったこともあり、自分の「マーケットでの価値」がはっきり数字やアドバイスとなって出てくるのは自分自身を見つめ直すと事ができたのは、とても良かったです。

次によい点は、査定を受けたからといって転職そのものを強要されるというのではないと言う事です。

あくまで転職という独特の市場に対する価値を計る目安でしかありません。

実際に買物をしたわけではなく、ただウィンドウショッピングにいったと考えればわかりやすいでしょう。

この査定で自分の思うような結果がでなくても良いのです。

それをバネに自分自身で今後どうしていけばもっとよいキャリアが詰めるかを考えるのも一つだと思います。

 

会社内で目標とするキャリアが気づければ、何も転職する必要はないのです。

私が思うに、転職はひとつの選択肢であり、残ることも立派な選択のひとつです。

 

キャリア査定はこの判断材料を与えてくれます。

30代で真剣にキャリアを考えて生きたいあなただから。

これからの10年はもっともっと大切なはずだから、是非とも10年後を見据えて今のキャリアを考えていければ一番良いと思います。