人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(内定時) > 退職時・入社時のポイント

転職のポイント(内定時)

退職時・入社時のポイント

相手に内定と言われて、あなたの心はワクワクどきどきしているかもしれません。しかし、入退社をスムースにするために必要な事があります。

まず、大切な事。

眉をひそめる 今の企業に退社を伝えるとき退社時に一番大切なのは、ずばり

「書類を受け取ったかどうか」です。

 

書類を受け取って、確実になるまでは絶対に退社の事を話してはいけません。

口頭内定なんて全く信用できません。

相手が急がせ、すぐに入社するために書類受理前に退社を伝えてしまう方もいらっしゃいますが、はっきりいって危険です。

必ず書面をもらってからにして下さい。いずれ辞めようと思っていても。。。。ですよ。 照れる

 

転職において内定というのは絶対雇用を約束すると言うことではありません。

何かあれば取り消しの対象になります。

あなたが悪くなくても相手が極端な話明日業績不振になれば、内定は取り消されるかも知れません。

 

口頭ではいくらでもいえるものです。

書面で違っていても何も言えなくなってしまい、結果的に泣き寝入りになりますので、あなたは絶対避けてくださいね。

 

又ご家族にも是非近いタイミングで相談して、納得を得たら伝えてくださいね。

ご家族が反対されて没となるケースもあるのですから。

次に大切なのは、内定を受けた以上あなたにとって一番大切なのは、これから入社する企業に移ったと認識する事です。

相手はあなたに引き留めや、期日の延長などいろいろな技を使ってくる可能性があります。

その場合、あなたは引き受けるかどうか、それともそれもしないかどうかを最初に決めておくと良いと思います。

転職において、内定をもらって行くと決めた以上、相手先の企業が一番大切だ申し上げたのは、円満退社したいが故に、今の企業の申し出を全面的に受けてしまう人も中にはいらっしゃるからです。

例えば退職日を先延ばしにしたり。

でも、例えば後任を決めるのはあなたの上の方の仕事ですし、万が一見つからなくてもあなたに責任はありません。

相手先企業も、できるだけ早く入社してもらいたいと、首を長くして待っていると言うことを忘れてはいけないと思います。

できるだけ約束した日程で退社できるように努力しましょう。

 

次に入社時のポイントです。

多くの企業では健康診断を受けるように指示されると思います。

これは是非早めに受講して下さい。これで不健康と判断されると内定取り消しになります。

(まあ、普通の人では大丈夫ですが・・・ 眉をひそめる

それ以外に関しては、入社書類は入社当日までに準備できれば良いと思います。

後は気持ちの問題ですので、これから現職の企業で発生することに関しては、無難にこなして、円満退社する事です。

決してもめて退社しないでくださいね。(人間どこでつながってるかわかりませんので・・・)

転職においては内定してからの行動も相手に誠意を見せるという意味でも大切なポイントです。