人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(面接時) > 志望動機作成のポイント

転職のポイント(面接時)

志望動機作成のポイント

志望動機を聞いてくる会社はほぼ100%だと思いますが、これって結構難しい質問ですよね。 志望動機のポイントとしては・・・

志望動機を作る上での一番ポイントは、やはり自分らしさを混ぜた「オリジナルな志望動機」であることです。

 

当たり前ですが、どこでもいえるような志望動機は人事部及び現場は聞き飽きています。

どうして応募したのか?どうしてこの会社に入りたいのか?

これを論理的に、かつ自分の応募者の今までの経験を元に、そしてこれからそれが生きるようにして語れるようにするのがポイントです。

 

志望動機を聞いて、その答えというのは100%正解があるものではありません。

模範解答はない質問なのです。

それは頭に入れておいて下さい。いわゆる、正解がない質問なのです。

 

この質問をする事によって、会社側はその志望動機であなたの仕事に対する姿勢、転職に対する姿勢を見ていると思って頂ければと思います。

どうして転職を考えているのか?内定して一旦入ったは良いが、簡単な理由で辞めないか、又同じ事がおきたらうちの会社ではその時はどうするのだろうか?と言うのを知りたいのです。

その不安に対する答えをあげれば良いのです。

それよりも転職者が会社でやりたいこと、この会社だからこれができる。それをやってみたいという

明確なビジョンが語れる方が重要です。

 

そういう人はちょっとの困難があっても簡単に辞めません。

転職する理由が明確で、前向きであるからです。

例えば人間関係(ここでは同僚だとしましょう)が嫌で辞めるという場合、それに対する最善の策を彼は今の会社で行いましたか?それを今度の会社でないとはいいきれますか?

その不安に答えるような志望動機にする事も一つのポイントです。 

だから申し訳ないけれど一般的にありがちな

「御社は安定」「業界で大手」「経営方針をHPで見て感動した」「魅力ある商品を持ち合わせている」「○○の業界は将来性があるから」

という抽象的な言葉を使ってはあなたの評価が下がります。具体的な言葉を使いましょう。

応募者は会社をよく知らなくても良いのです。

多少の知識は必要ですが、同業他社にいない限りその応募の会社の事業内容を100%知っている人などあり得ません。

全く情報収集をしないで行かないのは論外ですが、知らなくても恥じでも何でもありません。

初めて聞いた会社でも良いのです。

それは内定に大きく左右はしません。 

 

結論。

志望動機を作るときのポイントとしては、

分の経験→これができる。これがしたい→「御社はこれができる最高の環境だから」

というロジックで持って行きましょう。

参考になれば幸いです。