人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(面接時) > 面接のポイント

転職のポイント(面接時)

面接のポイント

面接にはポイントがあります。ここでは、そのポイントを具体的に取り上げていきます。

「面接のポイントってなんですか?」

良く聞かれる質問ですが、その前に認識して欲しいことがあります。

それは面接というのは、企業とその企業で働いている人との応募者との相性であったり、適正を訪ねる場であるといういわゆる非日常空間であると言うことです。

つまり、普通に街中ででくわす状況や会話ではありません。

それをまずは頭にいれ、何を聞かれるかをまず頭にいれ、シュミレーションしていくことが第一歩だと思います。

それを踏まえた面接でのポイントは、

  • 事前に聞かれる質問は考えておく(←そうすると上がりにくい)
  • 求人票を見てどんな人が欲しいのかを頭にイメージしておく。
  • 俳優になったつもり(?)でテンションをあげる(←くらい人は通りません)
  • 面接官と「一緒に働きたい!」という気持ちにさせる
  • 言葉も「○○は経験がありませんが、○○ならできます」といったポジティブないい方にもっていく
  • とにかく場数を踏む
  • 当たり前だが遅刻をしない(←遅刻や日にち間違いだけで不採用となる企業もあります)

これらに尽きます。

一番のポイントは「最終的にこの人物は当社で活躍できるかどうか」「一緒に働いていきたいか」

面接官が見るポイントはこの2つになります。

その為には論理的に話したり、質問に的確に答える事ができることが前提となりますが、どんなに論理的に話せる人でも面接という”非日常空間”を突破するのは正直場数しかありません。

場数を踏むことで答え方も自分なりのスタイルができてきますし、相手が何を言いたいのかも分ってくるはずです。

次に担当官に関してですが、これは最初に出てくる人は自分の上長又は同僚となるひとがほとんどです。

この人達に「一緒に働きたい!」と思わせることが重要ですし、次に役員面接の時は今までの経験であったり、仕事や企業に対する前向きさが必要となります。

後半はより会社について調べ、経営的な事を聞いていくことが必要かも知れません。

面接ステージによって求められるものが違うことも認識しておきましょう。

 

いずれにせよ、面接は準備が必要です。

是非とも頭の中を整理していって下さいね。