人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(面接時) > 面接のポイント

転職のポイント(面接時)

面接のポイント

日程設定をした面接の日程が、遂にやってきました。 その時に注意するポイントをお知らせします。

面接に行くに当たってのいくつかのポイントがあります。

いずれも基本的な事項ですが、基本ゆえに「王道」であります。是非目を通してください。 

1.到着時間早くても5分前にしてください。

時々20分、30分前に来る方がいらっしゃいますが、本人にとって大丈夫でも、企業としては逆に迷惑なケースもあります。

というのは、会議室が空いていない、担当者が会議中など他の予定が入っているため、結局会議室などの場所探しに奔走するケースがあります。

特に30分も前に来られると、予定が崩れるからか、あまり良い印象を与えないので、せいぜい5分前到着で十分です。

しかしながら、遅刻する場合は5分でも必ず担当者に連絡しましょう。

いずれも社会人としては基本的な事なのですが、多くの方に接するとできてない方も中にはいらっしゃいますので、補足としてあえて書かせていただきました。

2.面接で聞かれることの準備面接で最低限聞かれることの準備をしておきましょう。

退職理由・応募理由・今までの仕事の経験等必ず聞かれることは事前に準備してください。

即興でもかまいませんが、こういった大切な質問にはロジカルに答えられる力が必要だからです。

面接という非日常空間で、ロジカルに物事を答えようといっても緊張のあまり、我を忘れてしまう人もいます。

これらに関しては応募した求人の仕事内容をいずれもよく見てみてください。

それによって応募した事理由や相手が必要としているスキルにどう自分がマッチするかどうか考えておくことが大切です。

面接では嘘をつくのはいけませんが、できることはできるとはっきり言って大丈夫です。

遠慮は無用。 ウィンク

自信がないのは、自信がないとはっきり言って良いのです。

それらを最終的に問題ないかどうかと判断するのは企業の方であり、自分ではありません。

その事を解れば自分に対して過大になったり、過小になる必要はありません。

受かるかどうかと言うのは最終的に他者比較の上で決定することです。

忘れてはならないのは、完璧な人はいないと言うこと。

皆さんの中で選ぶのであり、すべての条件を100%満たす人は希な事です。

他の人とあなたはどんぐりの背比べなのです。

 

その中で違いを魅せる有効な手段の一つは自信を持つことです。

まずが今までの自分の自信を持ってみてください。

自分自身に自信があり、相手に対して魅力的な人と言うのは、見ていて素晴らしいものです。

 3.一緒に働きたいと思わせること

転職において一次面接であれば、面接官として出てくるのは間違いなくあなたの上司であったり、同僚となるひとです。

その人達と一緒に仕事をやってみたい!と思わせるのは有効な手段です。

(逆に面接が上の方にいくと、人柄もさることながら今までの経験に質問が増えます) 

「あなたといっしょに働きたい!」

まずはそう思わせることを、大切にしてください。

これは転職で合否を分けるくらい大切なポイントです。