人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(面接時) > 面接に呼ばれたら

転職のポイント(面接時)

面接に呼ばれたら

面接までのステップにたどり着く事ができたら、次は面接の日程調整を行います。その時・・・

転職で面接を依頼するに当たって、最初の企業のコンタクトしては書類選考通過の旨、連絡とあなたが面接可能な日程を聞いてくるはずです。

初期の面接段階ならば相手の都合を聞いてくるケースが多い事でしょう。

その時に良く聞かれる質問と答えをこれからお知らせします。

是非参考にしてみてください。

 

1.夜間面接は可能か?

はい、正社員面接であればまず問題ありません。

ただ、問題はその時間です。

18時、19時スタートくらいであれば企業は応じてくれることが比較的あるので、日程として提案して問題ありません。

しかしながら、19:30、20:00であるならば、企業によっては躊躇されるところもあります。

その場合は、都合を押しつけるのでなく、「難しいですか?」とまず聞いてみることが大切です。

それで難しいといわれたら、仕方ないので日中に伺いましょう。

ちなみに土日祝面接は企業が営業していない限り、まず提案するべきではないと思います。

(相手が明記していたら話は別です。通常は一番最初から提案するべきではないと思います) 

 

2.どれくらいの日程を知らせれば良いか?

転職面接の場合は、まず今週、来週くらいの日程でお知らせすれば十分だと思います。

正社員面接の場合、「明日面接に来て!」というのはよっぽど急いでない限り少ないでしょう。

なので、明日・あさってだけの近い日程だけ提案ではなく、基本は広く提案するのが普通です。

それに面接は複数の担当者が行うことが多いので、二人以上の場合向こうのスケジュール調整があることも忘れてはならないポイントだと思います。

 

3.持ち物は?

比較的良く聞かれる事ですが、特にありません。筆記用具程度で十分だと思います。

ただ、一点注意は転職サイト経由等で応募された場合は、履歴書・職務経歴書を持参した方が無難です。というのは、転職サイトのフォーマットで情報が相手側に伝わっているので、相手はそれしか持ち合わせていません。

正式な応募書類というのをお持ちすると企業は重宝します。

 

これであなたの疑問は多少は解けましたか? 

転職の面接日程というのは企業によっては柔軟に応じてくれるものです。ただ、面接が進むにつれて役員などは超多忙ですので、夜間等は難しく、時間設定が困難な場合があります。

その場合は仕方ありません。相手の都合になるべく合わせましょう。相手は役員など上の方で、いつでも良いという訳にはいきませんので・・・・ 

以上の注意点を留意して、いざ面接に臨みましょう!