人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(応募時) > 年齢がオーバーしていても大丈夫?

転職のポイント(応募時)

年齢がオーバーしていても大丈夫?

私が良く転職で相談を受けることの一つに、30代の転職になると、気になるのが応募条件にある「年齢:○○歳まで」というものです。 これをオーバーしてしまうと採用される可能性はあるのでしょうか?

30代での転職だとやはり気になるのが「年齢」。

私が転職を相談されることの一つにこの「年齢条件」があげられます。

応募条件を見ても、「25歳〜30歳まで」とはっきり書いてあるものがあります。

その場合は応募しても採用されないのでしょうか?

 

 

→結論から言うと絶対ではありません。もちろん採用される場合もあります。

 

年齢を始め、応募条件というのは、部門担当者と人事担当者が話し合って決めたいわゆる「採用したい人の理想像」です。

こんな人がいたらいいな♪という一番の理想像を書いていますので、よっぽど的がはずれていなければ採用される可能性はあります。

年齢条件は±5歳くらいまでは大丈夫です。

経験面ではずれていると問題ですが、年齢面で±5歳位ならば思い切って応募した方が得策だと思います。

基本的に会社というのはある程度会社で役立つだろうと思える経験があって、しかもやる気のある人を募集しているので、応募条件はあくまで目安と言う企業が多いものです。

しかしながら、競争が激しくなる一流企業・大手企業となると基準が厳しくなり厳守と言うところもでてくるのは事実ですので、その点はお含みおき下さい。

彼らは、人気があるが故により多い人材から選べるので当然と言えば当然です。

 

中途採用というのは新卒採用、第二新卒採用と違って応募条件より(経験値が)上過ぎても、下過ぎても書類選考に通る可能性というのは下がるのが現状です。

これは中途採用独特のものです。致し方ないのです。

なので、ご自身の現状にあった求人を選びましょう。それが一番応募書類通過の確率を上げるのに必要な事です。

年齢の面は先ほど申し上げたとおり、多少オーバーしていても大丈夫なケースがほとんどです。

 

年齢と経験のバランスがあっていれば大丈夫。

企業はむしろその事を評価するはずです。 

是非積極的に動いてみて下さい。