人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(応募時) > 最近の30代転職のトレンド

転職のポイント(応募時)

最近の30代転職のトレンド

最近30代の転職は以前より脚光を浴びていると思います。

というのは、少子化の影響で20代を取ることは年々難しくなってきているし、せっかく入社しても

今の若い子は我慢が足りないらしく(←私がいったんじゃないですよー。一般論です)すぐ辞めてしまうからだそうです。

そこで注目されたのが団塊JRと呼ばれる30代の皆様。

最近30代の前半を初めとして求人数は軒並み増えてはいると思います。

これは良い傾向です。

しかしながら、忘れてはならないのは「求めている人材の質も上がっている」と言うことです。

プロフェッショナルでなくても、いわゆる普通の仕事であれば賃金はがくんと落ちますが数はあります。

しかしながら、会社のコアとなって働いてくれる正社員募集に関しては、現在は売り手市場でも、やはり採用者の質は落としたくないという企業様は増えていると思います。

 

転職で一番大切なことは、あなたが今までしてきた経験です。

やはり、30代の転職は経験がものを言うのです。

具体的には、

 

○資格、特技だけではまず難しく、やはり実務経験優先であるという点

○調整・交渉能力が高いこと

○経験有りであれば最低3年以上の経験が望ましいところ。30代半ば以上は5年以上は欲しい。
○経験なしだとかなりの年収ダウンを覚悟。(又は雇用形態を変える)
○チームリーダー経験、部下あり等のいわゆるマネジメント経験あると断然有利。
○なくてもリーダー、マネジメント候補として期待できる人材であるという点は売りになる。
以上です。
又最近の傾向として見られるのが、欲しい人材の取り合いと言うこと。いわゆる内定が一部に集中しています。 
平たく言うと、求職者は全勝か全敗という、極端な二極分化がより進んでいると言うことです。
自分が全勝型な人は問題ありませんが、全敗型は訓練することで”全敗”ということはまず防げます。
何社も落ちる人はこのサイトを参考にされて、頑張って自分で原因を分析することも大切だと思います。