人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(応募時) > どうして転職するの?

転職のポイント(応募時)

どうして転職するの?

「転職したい」。あなたがそう思っているならば、その理由は明確で、論理的に話せますか?

「転職したい」と明確な目標をお持ちのあなたへ。

なぜ転職したいのですか?

それは、「何となく」ではなく、「どうしても転職したい」ですか?

 

私が繰り返し聞くのは理由があります。 

この転職の目的はとても大切です。

理由は必ず企業で「なぜ今の会社を辞めたいのか?」と聞かれるからです。

企業に面接に行くと、必ずと言って良いくらいこの質問を何度も、繰り返しされます。

その時に答え方が曖昧だと、必ず細部を突っ込まれます。

この質問の回答は合否を分ける可能性があるのです。 

その答え方が曖昧だと、「本当にうちに来ても、ずっと長く勤めてもらえるのだろうか?」と疑心に思われてしまい、結果的に採用に結びつかない事があります。

こういったリスクがあるのです。

 

是非この質問は深く、そして明確に転職する理由を考えてみてください。

又、必ずそれに対する「なぜ?」と深い疑問をどんどんして、ブラッシュアップをかけることです。

例えば、私の知り合いは、転職する理由を「会社の業績不振」と答えました。

そうしたら「うちの会社でも業績が悪くなったら、こうやってすぐに転職を考えてしまうのか。」と質問されたそうです。

その時に「いいえ、私は○○な努力をしました。でも、経営は一向に改善せず、ボーナスもでなくなった。・・・それでも、難しかった。」と論理的ストーリーを回答したところ、大変評価が高くなりました。

こうやってロジカルな説明をする事が、転職理由では本当に大切です。

 

人事としてずっと候補者に接していてこの理由が曖昧で通った人は、あまり見たことがありません。

又いても内定後、最終的に転職をされなかった方もいらっしゃいます。

 理由は。ご本人だけでなく他人に明確であれば何でもいいのです。

極端な話、タブーとされている人間関係のもつれで退社しても良いのです。

ポイントはそれを明確に、かつ前向きに説明できる事です。

 

この転職理由は重要であり、必ず話題となる候補者にとって避けられない質問です。

是非もう一度ご自身で納得できる理由を見つけてみるとよろしいかと思います。

では、最後にもう一度申し上げます。

「あなたはどうして転職するのですか?」

その答えは明確であり、ロジカルですか?