人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 転職のポイント(応募時) > 応募書類を甘く見てませんか?

転職のポイント(応募時)

応募書類を甘く見てませんか?

私の今までの経験を振り返ると、転職活動において候補者と人事部に一番の温度差があるのは、書類の重要性を認識しているかいないかだと思うのです。

今まで私が見た職務経歴書は通算1万枚以上。

書類は一瞬にして判断・選別されるのです。

面接で自分の事をアピールすればよい、確かにそれは一理あります。

しかし、その面接にたどり着く前段階では一番重要であり、入口となるのは間違いなく書類であり、その書類をおろそかに思っている限り内定には至りません。

一般的に面接への通過率と言うのはどれくらいか?聞かれることがありますが、(ポジションによりますが)せいぜい応募者の20−30%、多くても半分というのが実情です。

転職活動を行っていく上で、その20%になり最後まで生き残るために、面接と同様、応募書類というのは非常にウェイトが高いことを忘れてはいけません。

あなたはその書類で、人事部の目を留める事ができますか?

「魅せる書類」というのは確実に存在するのです。

書類で人事をその気にさせる。

会社のパンフレットなどと同じくらい書類は重要です。

その後にくるのは、面接であり、あなたの営業力となるのですから。

まずは面接に呼んでもらいましょう、あなたにあってもらいましょう。

特に30代で転職を考えるのであれば、応募書類は知恵で勝負です! 

では具体的に応募書類はどうすればよいのか?? 

これから転職活動における履歴書・職務経歴書などタイプ別に取り上げますが、全体的に大切なのは以下の通りです。

 1.誤字・脱字はNG

 人事部というのは細かい人が多いので、スペルミスなどはすぐに目に止まります。悪印象を持たれないためにも必ず誤字脱字には気をつけてください。

 2.書類だけでなく、送信するメール等にも最前の注意を。

私の経験では、最初のコンタクトが優れた印象を持つ人は、ほぼ全員仕事に関してもきちんとした姿勢を持っています。

メールは短く、的確に、そして自分をさりげなくアピール。

書類以外にもメールのやりとりから、採用活動は始まっているのです。

 

 3.強弱をつける

書類は長ければ良いというものではありません。

何枚も沢山書いてアピールしたいという気持ちは分りますが、それ以上にまとめる力も重要です。

あなたの書類は多すぎませんか?長すぎませんか?

 

以上を気をつけもう一度あなたの良さをアピールするように頭において作成してみてください。

書類を作るには集中力とパワーも忘れずに。

「自分はできる人間だ」とマインドコントロールをかけて書類を作成するだけでも、出来が違いますよ♪