人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の転職は? > 30代で転職活動(自信喪失気味)でモチベーションをあげる方法

30代の転職は?

30代で転職活動(自信喪失気味)でモチベーションをあげる方法

30代の転職は山あり、谷あり。良いときもあれば自信喪失の時もあります。そんな自信喪失をする前に、又自信喪失したときにどう対応すればよいのでしょうか?

30代になって転職活動をしていると、すべてがうまくいくとは限りませんよね。

20代で受かった企業とか年齢制限とかを見るとちょっとがっかりします。

もちろん、自信喪失気味な時があります。

30代の転職活動はうまくいく場合とそうでない場合の差が激しいのです。

特に人による勝ち組、負け組の差が顕著にでるのがこの年代です。

内定がでる人はその人に内定が集中します。

もちろん内定が集中すれば簡単に選べるし、転職活動をしても活動そのものは30代でもちっとも苦しくなくむしろ自信に変わります。

a_ilst007.gif

一方で、転職活動をいくらしても内定がでない人がいます。 gakkari.bmp

原因は今までのキャリアであったり、その方の持っている性格であったり、応募している企業があっていないなどの場合が多いのですが、その複合型もありますし、様々な要素があり一概に原因を突き止めるのは難しいです。

簡単に内定がでる人であれば、転職活動そのものは問題はないのですが、そうでない場合どうすればいいのでしょうか。

   memo1.bmp

まず、私がお勧めするのはこまめにメモを取ることを勧めます。しかも手書きで。

どんな企業に応募したのか、面接で何を聞かれ、どう答えたか。そしてその時の相手の反応を自分でメモをとって、振り返るのです。

もちろんパソコンで作っても良いのですが、自分自身の振り返りと言う意味では明らかに手書きの方が頭に入り上だと思っています。

それに30代で転職活動をしていると、やはり自信喪失する事が多々あります。

そんな時は今までの自分自身を振り返るのです。

面接を受けていて自分のどこがよかったのか、自分のどこがいけなかったのか。

自分自身の今までの行動をきちんと振り返ることです。

特に自信を喪失しているときは、自分はどこの面接に受かったか、どういった事をいったら企業の反応が良かったのかなどを振り返り、未来に自分が受かっている姿をイメージする事です。

寝る前でも朝起きてからでも大丈夫です。 3分で良いのです。

  question.bmp こんな簡単なことで?と思うでしょう。

でも人間というのは正直で、脳でイメージしたことは素直に現実になるものです。

多くの社長は自分が失敗した姿などはイメージしません。

ただひたすら成功イメージを持っています。それに忠実に従って行動しているだけです。

イメージする時は落ちた姿をイメージしては決していけません。

落ち込んでいるときこそ、成功している自分を強くイメージすることです。

そうすることで頭の中の回路が変わってくるはずです。そうするとそれだけであなたの表情が変わります。

魅力的な人間になればなるほど、面接でそれが伝わる。そうすればもう、あなたのものです。

是非とも引きつけられるような自信を取り戻して下さい。

失った自信を取り戻すには面接に受かることです。内定を取ることです。

その為にはその成功の姿を強くイメージして下さい。

まあ、だまされたと思って・・・

一度是非やって頂いたら・・・結果が違ったらあなたの成果です。

簡単なので是非一度試してみて下さいね。

wathito.bmp あなたはこんな単純な事?と思うでしょう。

でも脳は正直です。自分がイメージした通りの事がおこります。

成功している社長は失敗したときの事など考えません。

常に成功している自分を強くイメージしているだけです。

そのためこうした自信を喪失しているときは強く強く自分の成功イメージを持って下さい。

そうすれば強くあなたの自信が生まれてきます。

だまされたと思って一回やってみてはいかがでしょうか。

きっと根拠のない(?)自信がわいて来ますよ。 それがあなたの顔にでます。そうしたら面接では一歩進んだようなものです。是非頑張って下さいね。