人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の転職は? > 外資系企業への転職は?

30代の転職は?

外資系企業への転職は?

外資系企業で働いてみたい、又はこれからも働きたい!こういった場合は・・・

外資系企業への転職といっても決して敷居が高いわけではありません。

それに外資系企業と一言でいっても、雰囲気は様々です。

まさに日系企業のような所もあれば、本当に外資系といった雰囲気を持った企業まであり、様々です。

日系企業に近い雰囲気であれば、日系企業から外資系企業に転職してもあまり違和感はありません。

いわゆる名前だけで、実態は日系という企業もあります。

雰囲気は企業によるというのが現状です。 

 

そんな中で私から外資系企業に転職を考える方に、全般にいえることが2つお伝えしたいと思います。

外資系というのは、ご存じの通り基本的に実力主義です。

つまり何か自分に売りがないと、外資系企業では日系企業よりも実力が重用しされる以上、可能性ベースで採用してもらえる可能性は低くなります。

次に英語力に関してですが、外資系企業だからといってすべて英語力が必要ではありません。

外資系企業と言っても、全く英語力が不要なポジションも沢山あります。

ただ英語力に関していえることは、その企業で上のポジションになっていけば行くほど、実務の有無を問わず英語力は必要になってくるケースが多いのです。

私が以前いた会社も、課長職以上はTOEIC700点以上を取らないと最終的には降格というものがありました。(もちろん取得猶予期間などは沢山ありますよ)

こういった点からは英語力に抵抗がある方は外資系は厳しいと思います。

 

次に外資系企業というのは日系企業と比べて比較的若い方を希望するように見受けられます。

もちろん年齢相応のスキルがあれば全然年齢は問題はありませんが、求人の傾向からいって35歳までとか40歳以下という求人が絶対数として多い印象が私にはあります。

一見矛盾しておりますが、若くて実力がある方を希望するのです。

こう言ったことを考えると、外資系企業の未経験の方で、外資系企業に転職を希望する方は、30代が転職の最後のチャンスかも知れません。

もしどうしても外資系企業が良い、一度でいいから働いてみたいという方であれば、この30代のチャンスに是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

外資系で働くことを目指すに当たって、私なりの転職のポイントを言いますと、

  • レジュメは自分を売り込むようなレジュメを作る(売り込みが日系よりも大切です)
  • 面接では「○○ができる」という肯定的な言葉を多く使いましょう。
  • 英語は今できなくても、少しづつで良いから勉強する。

以上を踏まえて転職活動を行いましょう。

外資系企業は厳しい面もいっぱいありますが、仕事の仕方(主に上司が外国人であったり、複数であったり、海外であったり)や英語と言った面で勉強することも多々あります。

又実力があればどんどん上に行けるのも外資系ならではの魅力です。

特に女性は男女関係なく実力で働けるので、こういった仕事をばりばりしていきたい方は是非外資系企業に転職をチャンレンジしてみるのも一つだと思います。

外資系に強い紹介会社がありますので、下記紹介しておきます。 <JACジャパン> JACは外資系の案件に長けています。もともとは外資系の会社ということもあり、多くの外資系クライアントを持っています。一度相談してみては?