人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の転職は? > 内定までのスケジュール

30代の転職は?

内定までのスケジュール

正社員への転職活動を一度でもやったことがある方はわかると思いますが、転職活動には思ったよりも時間がかかります。

では、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。 

通常一つの企業を受けてから内定がでるまで、早くて2週間、通常で1ヶ月かかると思ってください。

スケジュールとしてはこのような形です。

-書類選考に1週間

-1次面接に1週間

-2次に一週間

-最終面接や条件つめで更に1週間

トータルで結局1ヶ月くらいはかかってしまうのです。

 

社員の場合は、「今日(又は明日)に面接に来てください」と言うことはほとんどありません。

やはり何日か前からきちんと時間を決め、アポイントを取るのが普通です。

これが担当者出張のため、面接は2週間後とかの事もざらにありますから、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

※派遣等形態が異なる場合は、選考期間は若干短くなります。

このような状況だと、他社との絡み合いも出てきます。

そんな場合はどうすればいいのか?

まずは企業に相談して面接などを早くしてもらう方法もあります。

悪いことではありませんので、素直に伝えてみてください。 

通常内定がでてから、いくかどうかの返事をするのは1週間程度です。

それ以上かかるの場合は、予め内定企業に相談しないと、来る気がないと思われ場合によっては内定を取り消されます。 悲しい

 

他社と平行して選考が進んでいる場合は、まずは素直にそれを企業に伝えましょう。

企業は選考を急いでくれる可能性もありますし、それで両方内定がでれば、あなた自身の選択肢も広がります。

しかしながら、どうしても途中で、内定をもらった企業にいくかどうか選ばなくてはいけないときがありましたら、その時は勇気をもって決断してください。

他の内定をもらってなくてもいくかどうか、断るかどうか。

転職において決断することも大切です。特に30代での転職は決断を迫られる事もしばしばです。

企業を比べたいというのは応募者自身の都合でしかありません。

企業にとってはいち早く決めたいというのが本音です。

企業に対して返事を引きづるのはあまりいい印象は持たれませんし、先ほど申し上げた通りぐちぐちいっていると最悪内定取り消しにあいます。

このように選考が1ヶ月以上かかることを頭において、うまく時間管理を行い複数企業を受験していくのがポイントです。