人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の転職は? > 35歳が転職のリミット?

30代の転職は?

35歳が転職のリミット?

転職は30歳まで、次は35歳まで。よく言われる転職に関する年齢です。

現実を申し上げますと・・・

35歳が定年説のある転職マーケットですが、現状を申し上げますと、男性と女性で異なります。

男性であれば35歳まで、女性であれば30歳までの求人が多いのは、申し訳ありませんが事実です。

特に30代後半になると、求人数自体は35歳までと比べて確実に減少傾向にあります。

しかしながら申し上げたいのは、この話は数の話と言うことです。いわゆる「求人数」です。

状況は職種などにもよって異なります。事務職であれば、専門的事務職でない場合、20代に比べて

30代は就職活動が大変になると言ったことが確かにあります。

 

年齢よりも重要なのは、あなたの今までのキャリア(経験)と、そしてご本人の資質が何より大切であり、年齢は、30代ではそこまでシリアスな絶対条件ではありません。

30代ならば、まだまだ選択の余地はあります。

それに30代後半でもマネジメント経験があればそれなりに求人も広がりますし、一概に求人数だけで申し上げられるものではありません。

大事なのはご本人の仕事に対する意識や経験であり、資質です。

年齢はあくまでも2次的なものなのです。

ただ、20代とは違った方法で攻めなければいけません。

まずはあなたの経験を活かすことを考えなければいけません。 

転職においては、悲観的になるよりも、採りたくなるような人材になるための事を考える方が何倍も転職マーケットでは効果的です。

まずご自身の強み・弱みを把握してください。

あなたが売りとなるものを見つけてください。

 

その次にその売りを把握した、アピールできる書類の準備に取りかかる事です。

大切なのは前向きになること。絶対成功させようとするパワーです。

是非とも転職活動を成功させていってください。