人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の転職は? > 30代の転職は大丈夫?20代と何がちがうの?

30代の転職は?

30代の転職は大丈夫?20代と何がちがうの?

30代の転職ってどうなの? 20代と何か違うの?

こういった疑問ってでてきますよね。その答えとしては・・・・ 

 

30代の転職が違うかというと、私の答えは、ずばり

「はい。違います。企業は20代に比べ何倍も即戦力となることを期待し、採用します。」

私ならそうお答えします。

 

30代になると、20代と同じような職種に応募しても受からない可能性あります。

20代であれば採用側にとって、「こんなものか」と妥協で許して採用してしまったことが、30代の転職者になると「できて当たり前」となり、見る目もだんだんと厳しくなります。

応募者が例え職種や業界未経験でも、それなりに企業は即戦力となってくれるような人材を厳選して採る傾向があります。

つまり、応募条件が高くなるのです。

そのため絶対的に該当する求人数が少なくなるので、20代に比べてあなたの選択肢は減るかもしれません。

 

それでは、30代の転職は難しいのか?

いいえ、逆に30代だからねらえるマーケットがあります。

30代でも、今までの仕事の経験があるからこそ、あなたが採用される可能性があります。

20代と違う売りで、新天地を掴めば良いのです。

 

又は、あなたは今、ただ単に転職を考えているだけの段階かもしれません。

私はあなた自身が迷っている段階であるならば、無理には転職は薦めません。

職歴が増えるのは一般的に転職には不利です。

今の会社に残ることも立派な選択肢のひとつであり、転職を繰り返すことだけは避けて欲しいのです。

 

転職はあくまでも人生の選択肢であり、絶対ではありません。必要ではないときがあります。

今の会社がどうしようもないのでなければ、残るというのも大切な選択の一つです。

 

ただ単に、転職を繰り返すのは意味はありません。

今の会社で限界まで努力することもとてもとても大切です。

 

こういった現状はありますが、その一方で転職する・しないにかかわらず、「転職のマーケット」を意識して働く事は、私は大切なことだと思います。

というのは、転職のマーケットを知ることで世の中のトレンドや業績のよい会社がわかります。そうすると、営業などであれあばそこに売り込みに行くこともできます。

こういった転職マーケットから世の中のニーズが見えてくることがありますので、転職マーケットを知るというのは情報収集の一環になります。

 

まず、あなたに最初にお願いしたいことは。

 

転職するかどうか、熟考してください。

その答えがYes、ならば。前向きに転職をする事を決めたなら。

 

転職を考える30代のあなたへ。

このサイトを通じて、是非転職に関するポイントを身につけて欲しいのです。

私は人事担当者と人材ビジネスで10年以上、転職マーケットに関わってきました。

転職活動には方法があり、それを少しでも知ることで少なくとも、あなたの選択肢が確実に広がります。

希望の企業に会える可能性が高まるし、面接にいける可能性が高まるのです。

縁があってこのサイトにお越しいただいたあなたに、ぜひ輝く未来を見つけて欲しい。

そんな思い出いっぱいです。

私の経験があなたのお役に建てる日が来る事を願って・・・ 笑顔