人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の年代別転職活動 > 雇用のミスマッチ

30代の年代別転職活動

雇用のミスマッチ

最近、とある技術系のポジションの採用活動を行っている。採用担当者として感じることは・・・

最近、技術系のエンジニアのポジションの募集を行っている。

結構長く募集している。かれこれ3ヶ月位は私はこのポジションに関わっている気がする。

でも、とあることを感じるようになった。私はすでに10社以上のエージェントにも頼んでいる。でも・・・・・・

「ぴったりな人がこない。」

こんな疑問が私を襲っている。・・・これだけ景気が減速してきて失業者も急激に増えているのに、この調子。つまり、企業側としては選びたい放題な気がするが、どうやらそうでもないらしい。

ちなみに、この求人かなりピンポイントな求人。

「この会社にいてこの経験をしている!」という技術者が欲しく、そんな要件を満たすのは結構少ないと市ってはいるけれど、現場の担当者は「ぴったりな人じゃないといらない。だって交代のぼしゅうじゃないんだもーーーん♪」というのがスタンス。

だから、レジュメが来てもはねる、はねる。書類選考はなかなか通してくれない。

そんな思いが私をさいなむ。世間様ではこんなに人が仕事を探しているというのに、紹介会社から紹介もなければ、ぴったりな人が来ない現実。どうやら他の人に聞いても状況は同じらしい。

つまり、雇用のミスマッチが起こっているという現実を目の当たりにしたわけだ。

今現在募集していても、やっぱり仕事を探している人とのミスマッチが起こっていて、決まらないという現実。つまり、応募者側にも選べないだけでなく、「○○というピンポイント技術」が必要となっているのである。

そんなことがわかってきた。

では、このピンポイントマッチにするにはどうすればいいのか?

今は、おとなしく同業他社を自分であたってみたほうがいいかもしれない。誰もができることに募集するとそこはすぐクローズ。だって、誰だってできるから。自分の知っている同業他社をあたってみて、求人を開拓(つまり募集しているかホームページ等でチェックしてみる)方法だってある。こうして可能性を広げていくしかないと思っている。こんなときには。

そのため、自分が少しでも有利になる場所を選ぼう。つまりそれは同業他社であったり、同じようなピンポイントの経験が必要となる仕事。今のこの雇用情勢を勝ち抜くにはそれが一番だと思う。

せっかく面接に呼ばれても、それでも相手は選べるのだから・・・・

そんな私もこのポジション探すの疲れてきた・・・ピンポイントの人いないかなあ、、、、といって探す日々。

パーフェクトな人はどこにもいないんですけれどね。わかっちゃいるけれど、理想を追い求める採用活動。私のポジションクローズはいつ来ることやら・・・・