人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の年代別転職活動 > 30代男性の転職活動

30代の年代別転職活動

30代男性の転職活動

男性は女性よりも転職に関しては慎重な人が多いですし、家族を養う責任をもつ30代の男性の転職は、やはり人生の一大行事です。

正直申し上げて、男性の転職は女性市場より活発です。

求人は多くあります。

ただし、男性側の条件も高いためいわゆるお見合い状態になり、条件がよっぽどよければ・・・という事が多々あり、やたらむやみに数を沢山受けるというのは、あまり得策ではありません。

特にあなたが現職で探しているならば数を厳選して、応募しましょう。

それに男性であれば、特にそうなのですが、転職をあまりにも何回も繰り返している人は、企業側でも不信感に繋がってしまう事もあります。

できるだけ職歴が少ない方を探している会社もありますので、書類選考に応募して全く連絡が来ないことが続いた場合、応募している企業がご自身にあっていない可能性もあります。

 

面接に関しては男性であれば残業なども多く予定がつかない人もいると思いますので、

やらたらに応募して面接までいき、スケジュールいっぱいになって転職活動が中心になると疲れ果ててしまいパワーが落ちます。

男性の場合はできれば応募する求人を絞って、少数精鋭で応募してみてはいかがでしょうか。

ただ、いずれにせよ選びすぎると決まりづらいので、厳選しすぎず、多少興味をもったものも受けるといった最優先・優先の2段階応募をすると良いと思います。

転職はある意味勢いが必要です。

長期化すると、疲れが見えてパワーが落ちてきます。

残念ですが、その場合転職活動の質(求人の選び方、面接など)も低下しますので、男性の場合はできるだけ短期集中でいくのが効果的かと思います。