人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代の年代別転職活動 > 30代後半での転職活動

30代の年代別転職活動

30代後半での転職活動

30代後半の転職で求められるものはずばり申し上げますと「専門性とマネジメント経験」です。

30代後半の転職は専門性とマネジメント、この2つが揃って条件の良い転職が可能となります。

 

まず専門性ですが、あなたにはひとつの分野で「これは負けない」といった強い職務経験がありますか。

何ができますか?と聞かれて「これができる」とはっきり答えられますか?

まずこの専門性を明確にして下さい。

あなたのその専門的なキャリアをほしがっている求人は必ずあります。 

数は少ないかもしれません。でも、探していくうちに探し方も上手になり、見つけることができるはずです。 

強みを見つけ、自分自身の売りにしていくことが30代後半の転職では必須です。

 

又、未経験でのチャレンジするというのは30代後半というこの年齢になると正直厳しいでしょう。

異業種チャレンジは可能かもしれません。

しかしながら経験のない職種へ移るというのはよほどでないと難しいと思います。 

まずはご自身の今までの経験を活かすことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

今までのキャリアに強い専門性がない場合は、今までの経験での共通点を考えると共に、自分が弱いと思う部分をより強くできるよう日々努力すると良いと思います。

資格を取るのも一つですし、今までの社会人経験から他の仕事に生かせることも多いと思います。

他の職種も経験したからこそ、「それが今の仕事の経験に生きている」というのが人事側に伝わるような、流れのある職歴を頭の中にイメージして、書き出すと良いと思います。

1つの仕事しか知らない人より、複数仕事を経験したから得られた経験って必ずあると思うのです。

それを強みとすることで、あなたのアピールに繋がるのです。

次にマネジメント経験ですが、これは30代後半の場合は、経験している事が前提の求人も多数あります。

経験があればそれで問題はありませんが、経験がない場合でも、決して悲観しないで下さい。

あなたは後輩を指導したことはありませんか?

その時の成果は目にみえた何がありましたか?

実際に組織上の部下がいなくても、後輩を育成することを行っていれば、マネジメント経験ではなくてもマネジメント経験へ一歩近づいています。

こういった経験があることを企業にアピールしてみて下さい。

後輩がどうやって成長していったかを聞くことは、人を育てることを必須とする企業にとっては魅力的なはずです。 

いずれにせよ転職に、必ず必要なものに自分への自信があげられます。

自分をアピールする事と、自分の力を信じる事です。

自信過剰となると逆効果ですが、自信が全くないひとは、やはり面接時に小さく見えるものです。

そんな人は魅力的ですか?一緒に働きたいと思いますか?

不思議ですが、人間的魅力がある人に人は集まるものです。

まずはご自身の今までのキャリアに自信を持って、書類でも面接でも望んで下さい。

それは非言語分野として応募先企業に伝わるものです。 笑顔

特に年齢を重ねれば重ねるほど重要になってくると思います。