人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代 タイプ別転職活動 > 技術職で30代の転職をするには

30代 タイプ別転職活動

技術職で30代の転職をするには

技術職の転職は30代では大きな節目です。その節目に転職に失敗しないために、転職する前に考えて欲しいことは・・・

技術職で30代で転職を行う方は、大きな節目だと思います。

それは技術職だと35歳を過ぎると求人数が他の職種に比べて愕然と減ってきます。

もちろんその技術が価値があれば、年齢は関係ありません。

ただ、他の職種と同様、技術職でも35歳を過ぎると技術力だけでなく、マネジメント能力であったり、クライアントとの折衝能力を問われたりといった技術力にプラスした能力が求められてきます。

それと今は重要になってきているのは、いわゆる「技術力」だけでなく、30代の転職では「クライアントに出しても恥ずかしくない人」といったやや抽象的な表現で、「クライアントにきちんと説明し、対応できる人」という暗黙の条件をつける企業が増えています。

いわゆる技術力だけならば外注すればいいのです。

それをしないで、自社社員を採用すると言うことは、社員に求めるのは技術力プラスアルファの能力であることを予め頭に入れておいた方が良いと思います。

それと次に大切なのは業務知識です。

自分の得意な業界や、知識を更に身につけると技術力だけでなくより幅が広がります。

技術職と言っても30代の転職はまだまだ売り手市場です。

あなたの経験がいかせる場所は沢山あるはずです。

だから大切なのは、あなたが何が大切か、何を求めて転職をするかと言うことです。

転職するからには是非今の会社では得られない技術力とプラスアルファを掴んでくださいね 笑顔

 

失言ポイント> 失言

人事側からすると技術職というのは、比較的応募条件が合えば面接して内定する率が高いと勝手に思っています。

というのも、ライバルが圧倒的に事務系に比べて少ないからです。

だから、あなたに何かひかるものがあれば、それだけでぐっと内定に近づきチャンスが増えるのです。

技術職のあなたは30代の転職でも十分いけるはずです。

是非頑張ってくださいね!