人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代 タイプ別転職活動 > 海外で働くこと

30代 タイプ別転職活動

海外で働くこと

海外で働く事を夢見る人は多いと思います。しかも30代であっても、その夢は捨てきれない、そんな人は・・・

一度は海外で働いてみたい。

あこがれる事ですよね。

私自身もアメリカやエジプトで働いた事がありますが、経験としてはとっても役に立ってますし、今言って本当に良かったと思えます。

若いうちに経験をすればするほど、語学力を含め本当に将来の大きな財産になることは間違いないです。

a_ilst007.gif

 

ただ、その海外就職も楽しいだけではないというのは簡単に想像できますよね。

日本の就職事情と一番違うのは、日本人の感覚が求められるのに日本人の感覚が通用しないという矛盾点です。

それにビザの問題も絡んできます。

ビザが簡単な国だったら別に問題はありません。希望すればいつまでもいられます。

しかしながら、特に先進国、アメリカやオーストラリアとかは近年厳しくなってきているそうですので、

どんなに気に入った仕事を手にいれても、ビザの関係でいずれは日本に戻らなければいけない可能性は高いです。

まずはビザが簡単でないという点も頭に入れおく必要があります。日本でも選べる仕事が、外国人と言うだけで選べなくなるのです。

それでも絶対に就職したいという方ならば、是非頑張ってみて下さい。いい弁護士を見つければ、ビザというのは彼らの腕次第でかなり左右されるところもあるみたいです。(特にアメリカ)

次に働く環境の問題です。

a_ilst006.gif

外国人が仕事をするに当たって多くの人は日本人向けのサービスを行うことを期待されていると思います。

それはもちろん日本人であれば問題ないのですが、肝心なのは環境です。外国人はあなたの考えと同じとは限りません。

まず残業をするというのが抵抗がある国が沢山あります。4:45に物事を頼むと、机をかたしたりしていて

全然お話にならないことも多数。こういった周りの環境にめげないで努力する姿勢があるのかどうか、

それもポイントです。

これは想像以上に大変ですが、非常にやりがいがありますし、将来的な経験としてもとても役に立ちます。

そう、苦労することはあなたの経験として残るのです。

大切なのは予め「こんな事があるかもしれない。」と知っておくこと。それを知っていれば最低限心構えがあって、来て「こんなはずじゃなかった」というのは少しは減らせると思います。

海外はアメリカやオーストラリアが人気がありますが、もし探してみて難しい場合はその隣国に移すことも一つの方法です。カナダとかニュージーランドとか・・・

いずれにせよ、海外の経験は人生で非常に大きなものになりますよ。

それは30代でも20代でも同じこと。

頑張って下さいね!