人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代 タイプ別転職活動 > やりたい仕事にこだわる派

30代 タイプ別転職活動

やりたい仕事にこだわる派

「私にはやりたい仕事がはっきりあって、どうしてもそれに就きたい!」 こういったこだわりを持つ人は特に女性に多いと思います。

自分にはやりたい仕事があって、どうしてもそれにつきたい!

このように、何よりも仕事内容にこだわる方もいますよね。

私がそんな時にアドバイスするのは、まずそのつきたい仕事と自分の現実とのギャップの大きさです

もしそのギャップが少ないと感じているのであれば、自分のこだわりの仕事を、沢山の求人の中から選んでまずは応募して探してみて下さい。

活動していくうちに面接もうまくなりますし、繰り返し続けていけば、いずれ希望の仕事に就ける可能性はもちろんあります。

 

では、現在の自分とこだわりの仕事とのギャップが大きい場合は?

その場合は、遠回りかもしれませんが、そのギャップを埋める行動を第一にする事をお勧めします。

今まで見てきた中で一番多いのは、そのやりたい仕事が明確な方は、全くその分野に関する実務経験がないか、又はあっても短い経験年数だと言うことです。

経験が短い場合は、「未経験可」という求人に応募するのも一つの方法です。

そういった求人で若干の経験があれば、むしろそれは有利に運ぶからです。

求人の中でも、比較的ハードルが低い求人を選ぶことが第一歩です。

次に、全くその仕事に対する経験がない方は、その仕事につくためのアピール材料を作りましょう。

資格を取ったり、学校に行ったり、その分野で知識を積むことが第一歩です。

(※参考  サイト内「資格は重要?」

例えば事務職の方が経理の仕事に就きたいとなると、まずは簿記系の資格を取ることも一つの方法です。

ではどの資格を取ればいいか?

業務に関連する資格が第一前提ですが、その中でも全体的にいえることとして、すぐにそして本当に簡単に合格できるものを選ぶのはあまり良くないと思います。

簿記でいえば3級ではなく、せめて2級は取りましょう。

自分はしっかり勉強したんだという事をアピールする事も大切です。

誰でも取れる資格だと、他の人とあまり差はつきません。

又未経験からグラフィックデザイナー等になりたいという、スペシャリスト志向の方は、その手の学校に行くことも一つです。

こういった何か橋渡しになるような事をしないと、30代の転職でいきなり未経験職種に採用されるのは可能性として極端に少なくなってしまいます。

繰り返しになりますが、まずはギャップを埋める行動を取ること。 

やりたいことにこだわる、大いに結構!

やりたい仕事が見つかったあなたは、私は幸せだと思います。

ぜひ、諦めずに理想の自分になるため、是非第一歩を踏み出して下さい。