人事採用担当者が教える、30代で転職をする上での成功する活動方法を伝授。 受かる応募書類の作成方法、面接での必勝ポイントを記載。 人事の視点から見た応募者などのコラムもあります。30代で転職活動をする方は必見です。

30代での転職活動が見違える程うまくいく方法。人事担当者が斬る! > 30代 タイプ別転職活動 > 給料や待遇を重視する方へ

30代 タイプ別転職活動

給料や待遇を重視する方へ

人間働くのに給料や条件がよいと、その仕事に対するモチベーションが上がるのはいうまでもありません。

では、より良い給料と待遇を重視しようと思う方はどうすればよいのでしょうか?

絶対に給料やこの条件は譲れない!

人によって様々なポイントはあると思います。

 

最初は年収について申し上げます。 

まずは現状を最初に申し上げますと、現在転職マーケットの市場に関しての賃金は若干下がり気味の傾向にあります。

30代の転職になりますと、状況によってはもちろん年収アップは可能ですが、何かないと劇的な程のアップは望めないのが現状です。

 

あなたが就職や転職したのはいつですか?

もしそれが5年前などであれば、状況は一変しています。

以前転職したときよりも、賃金相場は横ばい、又は減少傾向にあるのです。

その転職に関する状況下で給料を大幅に上げようというのであれば、それなりの条件の仕事を選ばないといけないと思います。

 

でも、給料は働く上でとても大切な事。妥協したくないですね。

ではどうしたら転職時に給与条件をあげられるでしょうか?

それは最初から応募する求人を厳選する事です。

企業によって予算は決まっています。どんなに頑張っても、限界は会社によって違います。

それならば自分の希望を受け入れてくれる会社を探すしかないのです。 

方法として、

第一に転職サイトでスカウトメール設定をして、スカウトが来る会社に応募すること。

彼らはあなたにそもそも興味があるので、年収面では交渉を有利に運べる可能性があります。 

第二に、今までのの経験を十分に活かせるところを選ぶこと。

今までの経験を高く買われる可能性があります。

第三に、人材紹介会社から紹介される求人を中心にする事。

彼らは企業からこの予算くらいの人で探して欲しいと依頼された情報に基づき、応募者に声をかけてきます。依頼内容からあまりにも上下が激しいと、そもそもあなたに声をかけてきません。

(※参考  サイト内の「人材紹介会社は必要?」

ポイントは求人を選んで、かつ今までの経験を存分に活かす事。

こうすれば給料アップは可能性が広がります。

又業界によって給与が高い業界と若干劣る業界がありますので、業界を選ぶこともポイントです。

具体的にどこがどうというのは申し上げられませんが、業界による賃金格はあります。

給与を重視される方は比較的高めな業界を選ぶのも手段の一つです。

それには転職査定などをして、自分のマーケットを把握することが必須となります。

(※参考  サイト内の年収査定のページ

 

次に待遇を重視される方へのアドバイスです。

まず、あなたにとって何が重要ですか。

いわゆる休日や年金関係は、主に大手企業が充実しているところが多いと思います。

中小企業はそういった点では若干劣りますが、別の待遇としてストックオプションであったり、社内株購入などを行うと給与以外の所で若干待遇が上がります。

こう言ったところを重要視されるか、又は自分が一番譲れないところは何なのか、それをはっきりする事で見えてくることがあります。

企業によっては、祝日出勤などの所も中にはあります。

これらがあなたにとって譲れないのであれば、

そういったところはまず受けないこと。後ほどお互いが劇的に考えが揺らぐというのはあまりありません。

あなたにとっても企業にとってもそういった根本的なところは、やはり、譲れないのです。

長く働く上で自分にストレスがかからない環境というのも、やはり大事な事なのです。

そういった点は求人内容をじっくり見て予め選ぶ。現実的な方法としてこれが一番です。